スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2015の投稿を表示しています

MRC、ソーシャルメディア測定指針を策定

MRCが複数の業界団体の協力を得て、ソーシャルメディアの測定のガイドライン「Social Media Measurement Guidelines」を公開。
------------------------------
Social Media Measurement Guidelines v1.0
http://mediaratingcouncil.org/MRC%20Social%20Measurement%20Guidelines%20v1.0%20Final.pdf
------------------------------

フェイスブック、Supershipと提携

フェイスブックが、日本での「オーディエンスネットワーク」の拡大に向け、Supershipとパートナー契約を締結。Supershipは「オーディエンスネットワーク」における世界初のSSPパートナーだという。
------------------------------
Supershipとオーディエンスネットワーク拡大に向けたパートナー契約を締結
http://ja.newsroom.fb.com/news/2015/11/audiencenetwork_supership/
------------------------------
この提携により、SupershipのSSP「AdGeneration」につながっているモバイルアプリが、フェイスブック広告の配信先に加わる。

博報堂、独自データベースでアプリ戦略を支援

博報堂が、約3万人の消費者のスマートフォンアプリ利用実態調査結果データと、博報堂DYグループで保有する消費者のオンライン行動データを格納し、独自データベース「App Planning Database」を開発。アプリを活用したマーケティング活動を支援する。

スタートトゥデイとLINEが提携

スタートトゥデイとLINEが、ファッション領域におけるビーコン事業で提携。スタートトゥデイが開発したボタン型ビーコンとLINEのビジネスアカウントを連携したサービスを展開する。

インスタグラム、パートナー制度を開始

インスタグラムがパートナープログラムを開始。広告技術、コミュニティー管理、コンテンツマーケティングのパートナーとして40社を認定。日本からは、セプテーニ・オリジナルとトーチライトが選出された。

アンルーリー、動画広告の拡散率を事前予測

アンルーリーが、ビデオ広告のシェアされる割合を配信前に予測するサービス「ShareRank」を日本でも提供。
------------------------------
Unruly Launches Algorithmic Tool To Predict Emotional Impact Of Japanese Ads
https://unruly.co/news/article/2015/11/11/video-ad-tech-company-unruly-launches-new-algorithmic-tool-to-predict-emotional-impact-of-japanese-ads/
------------------------------

DACなど、縦型動画プロモーションを支援

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、博報堂アイ・スタジオ、スパイスボックス、スティーブンスティーブン、白組、シースリーフィルム、リヴァーライズが業務提携し、スマートフォン向けの縦型ビデオを活用したプロモーション支援サービス「タテグミ」を開始。

コムスコア、日本のデジタル利用状況をレポート

コムスコア・ジャパンが日本のデジタル利用状況についてのレポートを公開。
------------------------------
2015 日本デジタル・オーディエンス・レポート
http://www.comscore.com/jpn/Insights/Presentations-and-Whitepapers/2015/2015-Japan-Digital-Audience-Report
------------------------------
世界の傾向は次のレポートが参考になる。
------------------------------
2015 Global Digital Future in Focus
http://www.comscore.com/Insights/Presentations-and-Whitepapers/2015/2015-Global-Digital-Future-in-Focus
------------------------------

フェイスブック、「スライドショー動画広告」を発表

フェイスブックが「スライドショー動画広告」を発表。複数枚の静止画を組み合わせて軽量な動画広告を制作できる。通信環境が貧弱な新興国などを想定したもののようだが、日本でも利用できる。
------------------------------
より多くの機器や通信環境に対応した動画広告が登場
https://www.facebook.com/business/news/JA-slideshow
------------------------------

信頼度トップは「友人・家族からの推薦」

ニールセンが「広告信頼度グローバル調査(Global Trust in Advertising)」の2015年の調査結果を公開。消費者からの信頼度が最も高いのは「友人・家族からの推薦」。
------------------------------
追記(2016年8月18日):アドビシステムズが国内で実施した「消費者行動調査2016」調査によると、商品認知のきっかけとして、デジタルの接点の存在感が増している。
https://www.facebook.com/netadreport/photos/10153990581528305/
------------------------------

ツイッター、ブランド向け会話分析ツールを提供

ツイッターがブランドについての会話を分析できるツール「Brand Hub」を提供。会話量のシェア、主要なオーディエンス、傾向をリアルタイムに分析できる。現在のところ英語圏の一部の広告主向け。
------------------------------
Introducing Twitter Brand Hub
https://blog.twitter.com/2015/introducing-twitter-brand-hub
------------------------------

「LINE@」にショップカード機能

LINEが「LINE@」で「LINE ショップカード」機能を提供。飲食・小売店などのアカウントが、「LINE@」アプリを通じて無料でデジタルポイントカードを発行できる。「インターネット広告のひみつ」のアカウントもショップカードを発行してみた。友だちに追加すると取得できる。
------------------------------
「インターネット広告のひみつ」のLINE@アカウント(スマートフォンからアクセスしてください)
http://line.me/ti/p/%40tbq8010w
------------------------------
「インターネット広告のひみつ」のショップカードは、10ポイントでランチを1回ご馳走します。「インターネット広告のひみつ」の運営者を街で見かけたら、「ポイントほしい」とおっしゃってください。

インティメート・マージャーが広告不正対策

インティメート・マージャーが不正な広告を排除するソリューション「IM Fraudbuster」を提供。ボットである可能性の高いオーディエンスやパフォーマンスを悪化させる原因となるオーディエンスを、広告配信から排除する。

電通グループ横断で「Dentsu Data Driver」

電通イーマーケティングワン、ネクステッジ電通、電通が連携して、電通グループ横断チーム「Dentsu Data Driver」を立ち上げた。データとテクノロジーを駆使し、マーティング革新を推進するという。

複数ツイートを選別して埋め込み可能に

ツイッターが、複数のツイートを選別してウェブサイトに貼り付けられるソリューションを提供。いわゆるソーシャルハブを簡単に作成できる。試しに「#ポッキープリッツの日」を含むいくつかのツイートを選別して貼り付けると次のようになる。これは「curator.twitter.com」でツイートを収集して選別し、「publish.twitter.com」で埋め込みコードを発行した。

テレビ広告でのハッシュタグ表示でツイート増加

セブン-イレブン・ジャパンがテレビ広告でハッシュタグ(#進撃のセブン)を提示したところ、ハッシュタグを提示しなかった同じテレビ広告と比較して、放送直後のツイート増加率が5倍になったという。
------------------------------
テレビCMにハッシュタグを入れることで多くのツイートを生みだすことに成功
https://biz.twitter.com/ja/success-stories/711sej
------------------------------
海外ほどではないが、日本でもテレビ広告でハッシュタグを見かけることがある。2015年に見かけたハッシュタグ付きのテレビ広告(11月7日時点でオンラインで公開されているもの)は次の通り。
------------------------------
クロックス・ジャパン - #FindYourFun
https://www.youtube.com/watch?v=0Lf1dt0sxXI
シャネル(ルージュ ココ) - #アイラヴココ
https://www.youtube.com/watch?v=aYrTe9Lfy80
スクウェア・エニックス(スクールガールストライカーズ) - #スクストみた #スクストやってる? #もしもの私 #夏のスクストで一言 など
https://www.youtube.com/playlist?list=PLsHA74V3bmZ5d0mHA4IgX22q01M9WdiuH
全日本空輸 - #YourANA
https://twitter.com/ANA_travel_info/status/553722250591862786
日清食品(カップヌードル) - #stayhot
https://www.youtube.com/watch?v=mcF29PCxF1M
日清食品(日清焼そばU.F.O.) - #ジェイソンレシピ
https://www.youtube.com/watch?v=3fiA0MVcS1o
日本コカ・コーラ(コカ・コーラ ゼロ) - #利きコーク
https://www.youtube.com/watch?v=7dZCQcRmau0
日本マイクロソフト(Surface Pro 3) - #zettai
https://twitter.com/surfacejp…

2015年のビデオ広告費は506億円

サイバーエージェントがシード・プランニングと共同で、国内のビデオ広告市場を予測。2015年のビデオ広告費は前年比62%増の506億円となり、2017年には1,000億円を突破するという。インストリーム広告が主流だが、インフィード広告の成長が著しい。

テレビ広告放映直後、クリック率が上昇

ソネット・メディア・ネットワークスが「Logicad テレビCMリアルタイム連動型広告」の実証実験で、テレビ広告放映直後にディスプレイ広告を配信することによりクリック率が上昇することや、広告認知率の向上などに寄与することを確認した。
------------------------------
Logicad テレビCMリアルタイム連動型広告(実証実験レポートあり)
http://www.logicad.com/product/tvcm.html
------------------------------

イラッとさせるコンテンツ

江崎グリコのメンタルバランスチョコレート「GABA」が、イラッとさせるコンテンツを展開。
------------------------------
ストレス社会で闘うあなたに。GABA[ギャバ]
http://cp.glico.jp/gaba/
GABA ザキヤマさんのイライラムービーシリーズ
https://www.youtube.com/playlist?list=PLcpavfpACsPbKC_ORdOmh2zqrHMxNRyRq
------------------------------

グーグル、サイト運営者向け認定パートナー制度を開始

グーグルが「サイト運営者向け認定パートナー」の制度を開始。日本ではfluct(10月1日にadingoから社名変更)とフォーエムが認定された。
------------------------------
認定パートナーと一緒にビジネスを加速しましょう
http://adsense-ja.blogspot.jp/2015/10/blog-post.html
------------------------------

インスタグラム、セルフサーブ広告を提供

インスタグラムがすべての広告主にセルフサーブ(運用型)広告を開放。フェイスブックの「パワーエディタ」でインスタグラム向けの広告を作成できる。
------------------------------
Instagram: Open to Businesses of All Sizes, Everywhere
http://blog.business.instagram.com/post/128686033016/150909-advertisinglaunch
Instagram広告の基本
https://www.facebook.com/business/help/976240832426180/
------------------------------

グーグル、視認可能な広告のみ課金

グーグルがディスプレイネットワークのインプレッション単価制「CPM」を「vCPM(viewable CPM)」に変更。広告の面積の50%以上が、ディスプレイ広告では1秒以上、ビデオ広告では2秒以上表示されたときだけ、費用が発生する。
追記(2015年12月16日):グーグルによると「vCPM」への移行が完了した。
------------------------------
Googleディスプレイネットワークで、広告の視認性向上に向けた取り組みを強化
http://adwords-ja.blogspot.jp/2015/11/the-google-display-network-ups-its.html
------------------------------

炎上などを10分以内に通知

NTTアイティがソーシャルメディアの分析サービス「WatchBee」を販売。クチコミを監視して、炎上などの兆候があればアラートメールを10分以内に発信する。

ヤフー、動画制作を含めた広告商品を販売

ヤフーが、「Yahoo!映像トピックス」にビデオを掲載できる広告サービス「Yahoo!映像トピックス BrandArticle」で、ビデオの制作までが含まれた新たなプラン「BrandArticle Creative Plus」を提供。ビデオの制作は、ヤフーと5月に資本業務提携したViibarが担当する。

キリンビバ、自販機で「LINEビジネスコネクト」活用

キリンビバレッジバリューベンダーは、LINEが提供する企業向けAPIソリューション「LINEビジネスコネクト」を活用したデジタルサイネージ自動販売機を全国主要都市部で展開。「LINEビジネスコネクト」の活用により実現したのは、フレーム付き自撮り写真提供機能「VENDORPHOTO」。清涼飲料を購入した消費者が、自動販売機のカメラで楽しいデザインフレーム付きの写真を撮影して、LINEで受け取れる。

投稿写真の使用許諾を得るべきか

消費者が「#ブランド名」のようなハッシュタグを付けてソーシャルメディアに投稿した写真を、ブランドがウェブサイトで紹介するときに、その消費者に許諾を得るべきか。ハッシュタグの内容によっては、写真の使用について黙示の同意が得られていると考えることもできるが、インスタグラムは明示の同意を得ることを推奨しているようだ。写真がブランドに拾われることについて、気味が悪いと考える消費者もいるためだ。海外では無断使用によるトラブルも発生しているという。
------------------------------
On Instagram and Other Social Media, Redefining ‘User Engagement’
http://www.nytimes.com/2015/09/21/business/media/retailers-use-of-their-fans-photos-draws-scrutiny.html
------------------------------
写真の使用について明示の同意を得るためには、写真にコメントして返信をもらうとよい。ピコーラは、明示の同意をを簡単に取得するためのツールを提供している。
------------------------------
User-Generated Content: How To Get Happy Permissions
http://blog.piqora.com/post/126930357956/user-generated-content-how-to-get-happy
------------------------------

Micro-Moments(マイクロモーメンツ)とは

グーグルが提唱する「Micro-Moments」とその活用についてブログで解説。「Micro-Moments」とは、「何かをしたい」という意図が生じたとき、すぐに目の前にあるデバイスを使って調べる・買うといった行動を起こす瞬間。この瞬間は、消費者が何かを決断したり、ブランドに対する好みを形成する瞬間でもある。
------------------------------
Google と考える Micro-Moments
http://adwords-ja.blogspot.jp/2015/08/micro-moments1.html
http://adwords-ja.blogspot.jp/2015/08/micro-moments2.html
http://adwords-ja.blogspot.jp/2015/09/micro-moments3.html
http://adwords-ja.blogspot.jp/2015/09/micro-moments4.html
------------------------------
主要な「Micro-Moments」としては、「I-Want-to-Know Moments(知りたい)」「I-Want-to-Go Moments(行きたい)」「I-Want-to-Do Moments(したい)」「I-Want-to-Buy Moments(買いたい)」がある。次のビデオが分かりやすい。
------------------------------
Micro-Moments
https://www.youtube.com/watch?v=QfCT4qB4T4g
------------------------------
スマートフォンの普及により、消費者が「何かをしたい」という意図を実現する手段が増え、マーケターが消費者の「意図」に触れる瞬間も増えている。マーケッターが「Micro-Moments」を活用するためには、モバイルの活用がカギとなる。
------------------------------
Winning the shift to mobile: A new guide to mastering micro-moments
http://adwordsagency.blogspot.com/2015/…

SNS向け広告費、2015年は4割増

イーマーケッターが世界のソーシャルネットワーク向け広告費の予測を上方修正。2015年は前年比40.8%増の251億4,000万ドルになる見通し。そのうち64.8%はフェイスブック。フェイスブックのモバイル広告収入の5%はインスタグラムに。

グーグル、メールアドレスで広告をターゲティング

グーグルが、メールアドレスのリストに基づいて広告をターゲティングする「Customer Match」を提供。顧客のメールアドレスのリストをアップロードすると、「Google 検索」「YouTube」「Gmail」において利用者のアドレスがそれと一致したとき、広告が表示される。「YouTube」「Gmail」では「Similar Audiences」による拡張もできる。

フェイスブック、TRPでの広告購入を可能に

フェイスブックが、ビデオ広告のプランニング、購入、および効果測定の指標として、TRP(ターゲット延べ視聴率)を利用できるようにした。テレビ広告を扱うマーケッターに馴染みのある指標に揃えることで、テレビとフェイスブックの組み合わせを促進させる。また、ブランドマーケッター向けに、コンバージョンやインストールでの最適化でなく、ブランド認知度向上での最適化を提供することや、カルーセル広告にビデオを追加できるようになることも発表した。

セブン&アイ、新通販サイト「omni7」を公開

セブン&アイ・ホールディングスが、新通販サイト「omni7」を公開。セブン-イレブン・ジャパンやイトーヨーカ堂など、グループ8社が参加(「セブンネットショッピング」など既存通販サイトのドメイン名は「omni7.jp」に)。セブン-イレブンの店舗での商品受け取り、返品などの体制も整備。

「iOS 9」に広告ブロック機能

アップルが「iOS 9」を公開。ブラウザー「Safari」で広告やコンテンツを遮断できる機能「コンテンツブロッカー」が搭載された。この機能を有効にするためには、「Crystal」などのサードパーティーのアプリをインストールする必要がある。利用者にとっては、広告に邪魔されずページの読み込みも速くなる利点があるが、広告事業者や媒体社にとっては広告収入の機会が失われる。一部のアプリはウェブ解析のタグもブロックする。しかし、「iOS 9」単体で機能するのでなくアプリのインストールと設定が必要であること、および「iOS 9」の「Safari」でのみ機能することなどを考慮すると、現時点では広告ビジネスへの影響は限定的と考えられる。広告嫌いの消費者への無駄な支出を削減できるのは歓迎すべき、という強気の見方もあるようだ。ユーザーエクスペリエンスと広告のあり方について考える好機としたい。

タクシー車内で「CM視聴クーポン」

JapanTaxi、博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムが、「全国タクシー」アプリの次世代化に向けた実証実験を開始。「全国タクシー」アプリがタクシー車内のセンサーに反応し、乗車から降車までの視聴広告に応じて、次回の乗車に使用できるクーポンを付与する。

モバイル広告エクスチェンジの品質を評価

ピクサレートが、不正広告の割合などからアプリ内広告のSSPの信頼性を評価する「Mobile Seller Trust Index」を提供。
------------------------------
Pixalate unveils 'seal of approval' for app ad sellers
http://venturebeat.com/2015/09/22/pixalate-unveils-seal-of-approval-for-app-ad-sellers/
Pixalate - Mobile Seller Trust Index
http://www.pixalate.com/sellertrustindex/mobile/
------------------------------

フェイスブック、広告に視認性保証を準備

フェイスブックが、広告の販売にインビュー完全保証のオプションを用意する計画を明らかにした。また、モートの技術を採用し、ビデオ広告のパフォーマンスを検証できるようにする。
------------------------------
New: 100% In-View Impression Buying and Ad Analytics Partnership with Moat
https://www.facebook.com/business/news/100-in-view-impressions-and-moat-partnership
------------------------------
追記(2016年5月10日):広告のビューアビリティーを検証するパートナーとして、ニールセン、コムスコア、インテグラルアドサイエンスも加わった。
------------------------------
Announcing New Partners for Ad Viewability Verification
https://www.facebook.com/business/news/new-ad-viewability-partners
------------------------------

ニューズコープ、アンルーリーを買収へ

ニューズコーポレーションが、ビデオ広告プラットフォームを手掛けるアンルーリーホールディングスを買収する。アンルーリーは、ソーシャルメディアにおけるビデオの拡散予測に強みを持つ。
------------------------------
Unruly
https://unruly.co/
------------------------------

ヨドバシ、店内での撮影を解禁

ヨドバシカメラが全店で無料インターネット接続(Wi-Fi)を利用できるようにした。また、店内でのスマートフォンの使用についてのガイドラインを変更。ディスプレイ・商品・イベントなどの撮影、ソーシャルメディアへの投稿、他社との価格比較などを自由に行えるようにした。

JAAA、ネット広告認知効果の基準値整備へ

日本広告業協会(JAAA)は、ビデオリサーチとビデオリサーチインラタクティブに委託してオンライン広告の効果測定調査を実施し、統一的な基準値作成と共通指標の整備を進めてきたが、その調査結果が報告された。今回公開されたのは、レクタングル広告の認知曲線(ターゲットに対する広告延べリーチと広告認知率の関係)や、レクタングル広告の心理・態度変容効果など。テレビ広告と同じような認知曲線がレクタングル広告でも成立すること、広告認知が心理・態度変容に寄与すること、大型広告・動画広告は認知効果が高いことなどが明らかになった。
------------------------------
オンライン広告の認知効果の基準値整備に関するお知らせ
http://www.videor.co.jp/press/2015/150903.htm
------------------------------

バナー広告表現の三原則

グーグルが、成功するバナー広告のクリエイティブに必要な要素として、「compelling(目を引き付ける)」「concise(簡潔な)」「clear(明快な)」を挙げた。

画像認識技術で投稿画像を発掘して解析

イメージ内広告を展開するガムガムが、ソーシャルメディアに投稿された画像を解析するサービス「Mantii」を開始。ハッシュタグなどのテキストの手掛かりを含まない投稿でも、画像認識技術により商品カテゴリーやブランドにまつわる画像を抽出して、その傾向を解析する。次のウェブサイトでデモを確認できる。
------------------------------
Mantii
https://www.mantii.com/
------------------------------
ブランドピットも類似のサービスを提供している。
------------------------------
Brand Pit
http://brand-pit.com/
------------------------------
追記(2018年4月6日):ガムガム、2017年に日本にも事務所を開設したようだ。
------------------------------
テレビCMに比肩するブランド広告プラットフォームを構築-GumGumが目指す日本のデジタル広告市場の変革
https://www.exchangewire.jp/2018/04/06/interview-gumgum-ai/
------------------------------

Tweet Fighter II

ツイッターのアカウントで勝負する対戦型格闘ゲーム。アカウントを指定したら、キーワードを入力して戦う。メンションの少ない方がダメージを受ける仕組み。
------------------------------
Tweet Fighter II
http://www.tweetfighterii.com/
------------------------------

DAC、「Antenna」に出資

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムが、キュレーションマガジン「Antenna」を運営するグライダーアソシエイツの株式を取得して資本業務提携。

SSP広告取引流通総額、2015年は277億円へ

VOYAGE GROUPとシード・プランニングの調査によると、2015年のSSP広告取引流通総額(広告主の出稿金額から代理店やDSPのマージンを除いた、SSP事業者のグロス売上の合計)は前年比35%増の277億円となる見込み。

ユーチューブ、「Google+」との連携不要に

ユーチューブでのチャンネル作成などで、今後は「Google+」のプロフィールとの接続が不要になるという。
------------------------------
YouTube のコメント機能や YouTube チャンネルに関しての変更
http://youtubecreatorjp.blogspot.jp/2015/08/youtube-youtube.html
------------------------------

フェイスブック、一部のページにアニメGIFを許可

フェイスブックが、試験的に一部のページにアニメGIFの投稿を許可しているようだ。これまでアニメGIFは個人しか投稿できなかった。
------------------------------
https://www.facebook.com/wendys/posts/10153606165849489
https://www.facebook.com/guaranakuat/posts/1215676748458007
------------------------------

ライブファイア、コメントへの広告挿入を可能に

ライブファイアがコメント機能に広告を挿入できるようにした。パブリッシャーは、コメントの読み書きというエンゲージメントをマネタイズできる。
------------------------------
Livefyre Announces Optional Ads in Comments
http://blog.livefyre.com/livefyre-announces-optional-ads-in-comments/
------------------------------

ツイッター、外部アプリでエンゲージメント広告可能に

ツイッターが「Twitterパブリッシャーネットワーク」を「Twiterオーディエンスプラットフォーム」に改称。ツイッターの外部の第三者アプリ(ツイッターが買収したモパブのネットワーク)で、これまでのアプリインストール広告に加え、プロモツイートやプロモビデオを配信できるようになる。
------------------------------
Increase your reach on and off Twitter with the Twitter Audience Platform
https://blog.twitter.com/2015/increase-your-reach-on-and-off-twitter-with-the-twitter-audience-platform
TwitterオーディエンスプラットフォームでTwitterや外部へのリーチを拡大
https://blog.twitter.com/ja/2015/0821audience
------------------------------

MRC、広告インプレッション測定指針を改定

MRCが、視認可能な広告インプレッションの測定についてのガイドラインを改定。
------------------------------
Viewable Ad Impression Measurement Guidelines 2.0
http://mediaratingcouncil.org/081815%20Viewable%20Ad%20Impression%20Guideline_v2.0_Final.pdf
Summary of Key Changes
http://mediaratingcouncil.org/081815%20VI%20Guidelines%20v2%20summary_Final.pdf
Changes Highlighted
http://mediaratingcouncil.org/081815%20Viewable%20Ad%20Impression%20Guideline_v2.0_Final_Highlighted.pdf
------------------------------

電通、「Cross Media Planner」を開発

電通が、テレビとデジタルを統合した広告出稿最適化ツール「d-holistics Cross Media Planner」を開発。シングルソースでメディア接触や購買行動を分析できる「d-holistics」を活用。

「Yahoo!検索」がSSL化

ヤフーが「Yahoo!検索」を段階的にSSLで暗号化。「Yahoo!検索」経由のウェブサイト訪問者の検索キーワードが解析できなくなる。

ユーチューブ、AdX経由の広告販売を終了

ユーチューブが「DoubleClick Ad Exchange」(AdX)を経由したビデオ広告の販売を年内で終了する。
------------------------------
Focusing investments to improve buying on YouTube
http://doubleclickadvertisers.blogspot.com/2015/08/focusing-investments-to-improve-youtube-buying.html
------------------------------
AdX経由で販売されていた広告在庫は5%ほどとみられている。今後は、グーグルの営業による直接販売、「AdWords」「DoubleClick Bid Manager」を通じた販売となるようだ。
------------------------------
Google To Yank YouTube Inventory Out Of AdX By Year's End
http://adexchanger.com/ad-exchange-news/google-to-yank-youtube-inventory-out-of-adx-by-years-end/
------------------------------

世界で218億ドル分の広告がブロックされる

ページフェアの調査によると、広告ブロックソフトの利用者が増加している。2015年には世界で218億ドル分の広告がブロックされるという。
------------------------------
PageFair - The 2015 Ad Blocking Report
http://blog.pagefair.com/2015/ad-blocking-report/
------------------------------

テレビ広告とFB動画広告に相乗効果

博報堂DYメディアパートナーズが、テレビ広告とフェイスブックのビデオ広告のクロスメディア広告効果を検証。ターゲットへのリーチ、広告認知率、ブランド評価などが高まったという。

イーマーケッター、インスタグラムの広告収入を予測

イーマーケッターの予測によると、インスタグラムの広告収入は2017年に28億1,000万ドルにまで拡大して、フェイスブックの広告収入の10.6%を占めるようになるという。アメリカでのモバイルのディスプレイ広告収入に限定すると、2017年にはインスタグラムがグーグルとツイッターを上回るという。
------------------------------
Instagram Mobile Ad Revenues to Reach $2.81 Billion Worldwide in 2017
http://www.emarketer.com/Article/Instagram-Mobile-Ad-Revenues-Reach-281-Billion-Worldwide-2017/1012774
------------------------------

ヤフー、ニュースからステマ記事排除へ

ヤフーによると、「Yahoo!ニュース」では「広告としての表記の有無にかかわらず記事広告やタイアップ記事を配信することを従来から明示的に禁止」している。違反があれば契約解除や法的措置をとるという。

集中.jp

サントリー「集中リゲイン」のウェブサイト。集中しにくい。
------------------------------
集中リゲイン テアニン博士の集中実験室
http://集中.jp/
------------------------------

伊藤忠、アイフィールグッズと提携

伊藤忠商事がデジタルプリペイド流通プラットフォームを手掛けるアイフィールグッズと業務提携。アイフィールグッズは、デジタルギフト配布キャンペーンにも利用できるソリューションを提供している。
------------------------------
ifeelgoods
https://www.ifeelgoods.jp/
------------------------------

IAB、インフィード型広告を分類

IABが「IAB Native Advertising Playbook」を補完する目的で、もっとも主要なネイティブ広告であるインフィード広告を解説する資料を公開。広告を挿入するフィードを、その内容によって「Content Feeds」「Social Feeds」「Product Feeds」に分類した。

米国プログラマティック広告費、2014年は101億ドル

IABがアメリカのプログラマティック広告費を初めて推計。2014年のプログラマティック広告費は101億ドルで、ディスプレイ広告費の52%となった。
------------------------------
U.S. Programmatic Ad Revenues Totaled $10.1 Billion in 2014, According to First-Ever IAB Programmatic Revenue Report
http://www.iab.net/press_release/pr-072015
------------------------------

欠かせないメディア、30代以下はテレビよりネット

日本放送協会のNHK放送文化研究所が、5年ごとに実施している調査「日本人とテレビ」の2015年の調査結果を公開。テレビ視聴時間が短時間化するなど、テレビ離れの傾向が顕著に。「欠かせないメディア」を回答させると、30代以下ではインターネットがテレビを上回った。

動画タイアップにも「提供」表示

ユーチューバーのマネジメントを手掛けるUUUMが、ステルスマーケティングを防止するため、タイアップのビデオの提供表示についてガイドラインを策定した。
------------------------------
当社における動画タイアップに関する提供表示ルールについて
http://www.uuum.jp/2015/07/14/当社における動画タイアップに関する提供表示ル/
------------------------------

「ニールセン デジタル広告視聴率」を日本に導入

ニールセンが、インターネット広告のGRPを測定するサービス「ニールセン デジタル広告視聴率」を日本でも提供。フェイスブックから提供されるオーディエンスの情報と、ニールセンのパネルの情報を組み合わせて、性年齢別のリーチとフリークエンシーを測定する。

世界のネット広告費、2017年にテレビを超える

プライスウォーターハウスクーパースによるレポート「Global entertainment and media outlook 2015-2019」によると、世界のインターネット広告費は2017年にテレビ広告費を上回るという。
------------------------------
http://www.pwc.com/gx/en/global-entertainment-media-outlook/index.jhtml
http://www.pwc.com/gx/en/global-entertainment-media-outlook/segment-insights/internet-advertising.jhtml
------------------------------

レシート情報で広告配信

ニジボックスが、レシート投稿によるポイント還元サービス「レシポ!」のレシート情報を活用した広告配信サービスを開始。インティメート・マージャーがオーディエンスを拡張。

グーグル、モバイルの意図しないクリックを防止

グーグルが、モバイルのディスプレイ広告の意図しないクリック(タップ)を防止するようにした。広告画像の縁近くをクリック不可にしたり、アプリアイコンをクリック不可にしたり、広告が表示されてからクリック可能になるまでに少し時間を置くようにした。広告主にとっては、意図しないクリックによる支出が減り、コンバージョン率が向上する。

フェイスブック、クリック課金の定義を変更

フェイスブックが、ウェブサイトへの誘導やアプリのインストールを目的とした広告のクリック単価の算出方法を変更。「いいね!」、コメント、シェアを除く、リンクのクリックのみが課金対象に。これにより、クリック率の低下とクリック単価の上昇が想定されるが、リンクのクリックを目的とするうえでは効率がよくなる。

動画のマルチプラットフォーム戦略

ビデオといえばユーチューブ、という時代は終わった。フェイスブックなども組み合わせたマルチプラットフォーム戦略が必要になっている。オグルヴィが、主要なビデオプラットフォームの機能と特徴を整理した資料を公開。