スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2017の投稿を表示しています

米国ネット広告費、2016年にテレビを抜く

IABが、2016年のアメリカのインターネット広告費を前年比22%増の725億2,100万ドルと発表。テレビ広告費を超えたという。モバイル広告費が初めてインターネット広告費の半分以上を占めた。
------------------------------
Mobile Captures More Than Half Of All U.S. Internet Advertising Revenue For The First Time Ever, Total Digital Ad Spend Hits a Landmark $72.5 Billion in 2016
https://www.iab.com/news/internet-advertising-revenue-first-time-ever-total-digital-ad-spend-hits-landmark-72-5-billion-2016/
------------------------------

FTC、著名人にステマ注意喚起

アメリカのFTCが、90名以上の著名インフルエンサーに対して、ソーシャルメディアで商品の宣伝に加担するときはブランドとの関係性を明示するように注意する書簡を送付した。「Endorsement Guides」の順守を呼びかけたもの。

ネット広告費の6割はスマートフォン

D2Cがサイバー・コミュニケーションズと共同で、2016年のインターネット広告市場におけるデバイス別広告費、広告種別広告費、ビデオ広告費を調査。電通「2016年 日本の広告費」の内訳を推計したもの。PC広告費は減少傾向だが、スマートフォン広告費は前年比30%増の6,476億円となり、インターネット広告媒体費の62%を占めている。
追記(2017年6月4日):スマートフォン広告費の値を修正。2016年にスマートフォン広告費は新聞広告費を上回ったことになる。

メディアプランニングツール「Handy Media Planner」

Handy Marketing、博報堂DYメディアパートナーズ、ヤフーが、メディア横断の統合マーケティングの支援を目的として、テレビとインターネットの次世代型メディアプラニングツール「Handy Media Planner」を提供。ヤフーが構築したテレビ視聴とオンライン行動を統合した調査パネル「Yahoo!メディアオーディエンスパネル」のデータを活用する。

世界のネット広告費、2017年にテレビを抜く

ゼニスオプティメディアの予測によると、2017年の世界のインターネット広告費は前年比13%増の2,050億ドルとなり、テレビ広告費を上回る見通し。ソーシャルメディア広告費は、2019年に新聞広告費を超えるという。
------------------------------
Internet advertising expenditure to exceed US$200bn this year
https://www.zenithmedia.com/internet-advertising-expenditure-to-exceed-us200bn-this-year/
Executive summary: Advertising Expenditure Forecasts March 2017
https://www.publicismedia.de/wp-content/uploads/2017/03/2017-03-27-aef-executive-summary.pdf
------------------------------

米国デジタル広告費、2016年にテレビを抜く

インターパブリックグループのマグナの推計によると、2016年にアメリカのデジタル広告費がテレビ広告費を上回った。
------------------------------
MAGNA Releases US Advertising Forecast (March 2017)
https://magnaglobal.com/magna-releases-us-advertising-forecast-march-2017/
------------------------------
同社は2016年12月、2017年に世界のデジタル広告費がテレビ広告費を上回ると予測している。
------------------------------
MAGNA ADVERTISING FORECASTS WINTER UPDATE: Digital Media Drives Global Ad Sales to +5.7% Strongest Growth in Six Years, Driven by Social and Search
https://magnaglobal.com/magna-advertising-forecasts-winter-update-digital-media-drives-global-ad-sales-to-5-7-strongest-growth-in-six-years-driven-by-social-and-search/
------------------------------

フェイスブック、営利投稿の開示を義務化

フェイスブックが「Branded Content(ブランドコンテンツ)」機能を刷新し、認証バッジのないページでも利用できるようにした。「ブランドコンテンツ」であることを示すタグには「Paid(日本語の環境ではPR)」と明示することにした。また、「ブランドコンテンツ」の投稿内容などを規制するポリシーを変更した。
------------------------------
Bringing Branded Content to More Pages
https://media.fb.com/2017/03/30/bringing-branded-content-to-more-pages/
------------------------------
フェイスブックは「ブランドコンテンツ」を、「a creator or publisher's content that features or is influenced by a business partner for an exchange of value(同社による和訳:クリエイターやパブリッシャーがビジネスパートナーの価値を広めるべく、その商品やブランドなどを直接的、間接的に取り上げたコンテンツ)」と定義している。詳細は次の通り。
------------------------------
Facebook Media - ブランドコンテンツ
https://www.facebook.com/facebookmedia/get-started/branded-content
ブランドコンテンツ - Facebookヘルプセンター
https://www.facebook.com/business/help/788160621327601/
Facebookブランドコンテンツポリシー
https://www.facebook.com/policies/brandedcontent/
------------------------------
「ブランドコンテンツ」の投稿例は次の通り。「インターネット広告のひみつ」(A)というページが、「インターネット広告のひみつ 銀座支店」(B)というページのスポンサーになり、AのページにBの情報を投稿したという想定。
--------------------------…

MRC、位置連動広告の測定ガイドラインを公開

MRCがMMAとIABの協力を得て、位置連動広告の測定ガイドラインを公開。
------------------------------
MRC Location-Based Advertising Measurement Guidelines
http://www.mediaratingcouncil.org/MRC%20Location-Based%20Advertising%20Measurement%20Guidelines%20Final%20March%202017.pdf
------------------------------

人工知能がソーシャルメディア運用を指南

ポストインテリジェンスが、人工知能によってソーシャルメディアに投稿すべき内容や時間などを提案するサービスを開始。
------------------------------
Post Intelligence
https://postintelligence.ai/
------------------------------
ガイアックスによるレビュー記事が参考になる。日本語には未対応。
------------------------------
AIがSNS投稿を提案する「Post Intelligence」 活用できるか試してみた!
https://gaiax-socialmedialab.jp/post-50565/
------------------------------

ビーコン技術を活用し電車内の広告を拡張

東急エージェンシーが、「LINE Beacon」の技術を利用して電車内の中吊り広告と「LINE」を組み合わせる実証実験を開始。電車内でBluetoothが受信可能なスマートフォンで「LINE」を立ち上げると、キャンペーンを告知するバナーが表示される。