スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2014の投稿を表示しています

ABC、視認性測定サービスを検証

イギリスのABCが、オンライン広告の視認性を測定するサービスの性能を調査。コムスコア、ダブルベリファイ、インテグラルアドサイエンス、モートのサービスを認可した。

デジタル広告費、2年後にテレビ広告費を超える

フォレスターリサーチの予測によると、アメリカのデジタルマーケティング費は2016年にテレビ広告費を上回り、2019年には1,030億ドルとなる。
------------------------------
US Digital Marketing Will Pass TV In Two Years, Topping $100B By 2019
http://blogs.forrester.com/shar_vanboskirk/14-11-06-us_digital_marketing_will_pass_tv_in_two_years_topping_100b_by_2019
------------------------------

バナー広告20周年

1994年10月27日に世界初のバナー広告が誕生してから20年が経過して、当時を回顧するウェブサイトが立ち上げられた。

なまけもののとどけもの

エスビー食品「おひさまキッチン」の懸賞に当選したところ、「なまけもののとどけもの」から賞品が届いた。ブランド用の架空の配送サービスのようだ。ゆるくてかわいい。
------------------------------
なまけもののとどけもの
http://namaketodoke.com/
おひさまキッチン
http://www.sbfoods.co.jp/ohisama/
------------------------------

リスンファースト、エンゲージメント指標を提供

リスンファーストメディアが、複数のソーシャルメディアにおけるブランドのエンゲージメント度を評価する指標「Digital Engagement Ratings」を開発。主要500ブランドのエンゲージメント度を指数化した「Digital Engagement Index」とともに、オンラインで公開している。
------------------------------
ListenFirst Digital Engagement Ratings
http://data.listenfirstmedia.com/digital-engagement-rating/
------------------------------

インタラクティブな新聞広告

フォードがスマートフォンと組み合わせるインタラクティブな新聞広告を展開。アプリを利用せずに平面広告に命を吹き込む手法として応用できそうだ。ビデオを再生するQRコードとスマートフォンを置く位置が案内されることは、拡張現実のマーカーが案内されることより分かりやすい。いわゆる拡張現実ではないが、拡張現実といえる。

マレーシアのために1分の黙とう

飛行機の悲劇が連続したマレーシア。その犠牲者に思いを馳せるべく、マッキャンがスマートフォンを機内モードにして黙とうするように呼びかけた。機内モードにすると60秒がカウントされる。
------------------------------
Minute of Silence
http://minuteofsilence.com.my/
https://www.facebook.com/751264224935123/
------------------------------

ピーチ・ジョン、自撮り写真を募集

下着通販のピーチ・ジョンが、「今日のトクベツ」を題材としたセルフィー(自撮り写真)を投稿してもらうコンテストを開催。ハッシュタグ「#PJ_GIRL」でインスタグラムやツイッターを検索すると、女子力の高めな写真を閲覧できる。
------------------------------
#PJ_GIRL
http://pjgirl.jp/
------------------------------
下着姿の写真もたまに見つかるが、それは一般の方ではなさそうだ。全裸の写真もあったが、それは男性だった。

タコベル、ソーシャルメディアの投稿をすべて消去

タコベルがスマートフォン向けの新しいアプリを告知するため、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどで過去のすべての投稿を非公開にした(現在は復活している)。大声を張り上げる代わりに無口になることで話題となった。

ブランドサイトの役割を再考

多くのブランドは、ブランドサイトだけでなく、フェイスブックやツイッターなどのソーシャルメディアでも情報を発信するようになってきている。ブランドサイトの目的や役割は再考されるべきだろう。ブランド発の情報でなく、消費者発の情報を紹介する拠点としてブランドサイトを位置付けるような、逆転の発想もありかもしれない。ペプシコとコカコーラのウェブサイトでは、消費者による生き生きとした投稿を紹介している。しかも、フロントページで。
------------------------------
Pepsi Pulse - Your Voice
http://www.pepsi.com/
Coca-Cola Journey - Snapshots
http://www.coca-colacompany.com/
------------------------------

アピアーが日本進出

人工知能を活用して端末を横断した広告のターゲティングを提供するアピアー(日本法人はエイピアーと読む)が、日本でもサービスを開始する準備を進めているようだ。
------------------------------
Appier Japan
http://www.appier.com/jp/
------------------------------

フェイスブック「Recommendations Bar」の代替機能

フェイスブックのソーシャルプラグイン「Recommendations Bar」が11月5日で終了となる。「インターネット広告のひみつ」のブログでは、代替のレコメンデーション機能としてアドディスのウィジェットを採用することにした。
------------------------------
AddThis - Recommended content widgets
https://www.addthis.com/get/recommended
------------------------------