スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ライトアップ、クリエイティブ最適化ツールを販売

ライトアップがオムネキーと業務提携。クリエイティブ最適化ツール「Omneky」を提供する。ディープラーニング技術により、成果につながる表現要素を判定して広告を生成する。
最近の投稿

広告視聴に応じて寄付

博報堂DYメディアパートナーズとデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムは、グッドループと業務提携して、同社の寄付広告ソリューションを日本で独占提供する。消費者によるビデオ広告の視聴に応じて、広告主は特定の団体へ寄付できる。グッドループのウェブサイトでデモを確認できる。 Good-Loop https://good-loop.com/ https://demo.good-loop.com/ 動画広告が視聴されると広告主が団体に寄付、博報堂DYMPらが新ソリューション https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/11624/

博報堂DYHD、アドウェイズと資本提携

博報堂DYホールディングスが、アドウェイズによる第三者割当増資を受け入れて資本提携。アドウェイズは、博報堂DYメディアパートナーズとは2019年11月に資本業務提携しているが、今回は博報堂DYホールディングスとの資本提携。博報堂DYホールディングスと博報堂DYメディアパートナーズの2社で、アドウェイズの総議決権数の15.42%を所有することになる。 株式会社博報堂DYホールディングスとの資本提携契約の締結による戦略的パートナーシップの強化及び、第三者割当による新株式の発行及び自己株式の処分に関するお知らせ https://www.adways.net/press/adways518.html

朝日新聞社、IASの技術で文脈ターゲティング

朝日新聞社が、インテグラルアドサイエンスの技術を活用して記事の文脈に適した広告を配信するサービスを開始。このようなサービスをインテグラルアドサイエンスと共同開発したのは、日本のメディアで初めてだという。 コンテクスチュアルターゲティング 提供を開始 https://www.asahi.com/corporate/info/14478716

クリテオ、コンテクスチュアル広告ベータ版を提供

クリテオが「Criteoコンテクスチュアル広告」ベータ版の提供を日本で開始した。コンテンツの内容を解析するだけでなく、コマースシグナルを利用して、そのコンテンツから購入に結び付きやすい広告を配信する。 コンテクスチュアル広告 https://www.criteo.com/jp/products/contextual-targeting/ Criteo、クッキーレス環境下での広告のパーソナライズを可能にする、「Criteoコンテクスチュアル広告」のベータ版の提供を開始 https://www.criteo.com/jp/news/press-releases/2021/10/criteo、クッキーレス環境下での広告のパーソナライ/

野村総研とNRIデジタル、クッキーレス対応を支援

野村総合研究所とNRIデジタルは、クッキーレスに対応した広告出稿の計画立案や効果測定を共同で支援する。ファーストパーティーやゼロパーティーのデータの活用を支援する。 野村総合研究所とNRIデジタル、Cookielessに対応したネット広告の効果測定・出稿計画支援サービスを提供開始 https://www.nri.com/jp/news/newsrelease/lst/2021/cc/1101_1

グーグル、「P-MAX」をすべての広告主に提供へ

グーグルが「Performance Max」をすべての広告主に提供すると発表。ひとつのキャンペーンで、Google広告のあらゆるチャネルの広告枠に広告を配信できる。 Performance Max campaigns launch to all advertisers https://blog.google/products/ads-commerce/performance-max/