スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

米国司法省、グーグルを独禁法違反で提訴

アメリカの司法省は、グーグルが広告事業で支配的な地位を乱用しているとして、反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いで提訴した。司法省は広告事業の分割を求めていて、グーグルは反論している。 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2301/25/news100.html
最近の投稿

住信SBIネット銀行、広告サービスを開始

住信SBIネット銀行が、「銀行業高度化等会社」として設立したテミクス・データと個人情報を共同利用して広告を配信するサービスを開始。 2023年1月5日(予定)から、新たな広告表示サービスを開始します! https://www.netbk.co.jp/contents/lp/themixdata/ テミクス・データ https://www.data.themix.co.jp/

YouTubeショートの広告収益分配を開始

ユーチューブが「YouTubeパートナープログラム」の内容を変更し、「YouTubeショート」の広告収益の分配を開始する。「YouTubeショートファンド」は終了する。 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2301/10/news066.html

プラットフォーム横断でサーチリフト分析

博報堂DYメディアパートナーズが、主要プラットフォームを横断してデジタル広告による検索数の上昇効果を推定するサービスを提供。 主要プラットフォーム横断でデジタル広告のサーチリフト効果を可視化、検索数を最大化するプラニングを可能に https://www.hakuhodody-media.co.jp/newsrelease/service/20230112_32601.html

インスタグラムを組み合わせる効果

広告キャンペーンにインスタグラムを組み合わせることで、リーチが伸び、印象に残りやすくなる。そのような統計は、実在した施策の調査結果としてはよく見かけるが、この記事ではビデオリサーチ「ACR/ex」の新手の集計により潜在力として示している。 Instagramは本当に効果ある? データで見るメディアミックス https://www.advertimes.com/20221223/article406738/

野村総研、2022年のネット広告費を2兆4,747億円と推計

野村総合研究所は、2022年のインターネット広告費(制作費は含まない)を前年比6%増の2兆4,747億円と推計。2028年には3兆円を超えると予想。同社はこの市場予測を毎年更新しているが、今回から「AdTech市場」を「インターネット広告市場」に変更し(呼称のみの変更か)、年度を年に変更したようだ。 野村総合研究所、2028年度までのICT・メディアに関連する主要7産業と19の国内市場への洞察を発表 https://www.nri.com/jp/news/newsrelease/lst/2022/cc/1222_2 ITナビゲーター2023年版 https://www.nri.com/jp/knowledge/report/lst/2022/cc/mediaforum/forum350

お寿司といえば

「お寿司といえば、すしざんまい!」の台詞で知られる名物社長が、LIFULLの広告に出演。過去に公共放送のニュース番組で台詞がカットされてしまった伝説のシーンのパロディー。 https://lifull.com/news/25365/