スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2010の投稿を表示しています

バーガーキング、検索エラーページに広告

ディグの検索窓に適当な文字を打ち込むと、検索結果は何も出てこないが、バーガーキングの広告が出てくる。キーボードもろくに打てない小さな手では、バーガーキングのダブルチーズバーガーは食べられないとのこと。

誰でも簡単にリッチメディア広告を制作

2010年3月22日、ウィジェットボックスがリッチメディア広告制作サービス「ClickTurn Ad Builder」を開始。ソーシャルメディアフレンドリーな広告を、誰でも簡単に制作、配信、測定できる。よくできている。
------------------------------
ClickTurn
http://www.clickturn.com/
------------------------------

新聞の検索行動への影響を探る

電通ビジネス統括局プラットフォーム・ビジネス開発室が、新聞閲読と検索行動の関係について4回にわたって報告する。すでに公開された2回では、電通の「dentsu-CONNECT MEDIA」による分析結果を紹介。

グーグル、検索広告の間接効果を測定

検索連動型広告の間接効果をレポートする「AdWords Search Funnels」の試験版を公開。コンバージョンパス、つまりコンバージョンに結び付いた最終クリックだけでなく、アシストインプレッションやアシストクリックを分析できる。紹介ビデオがわかりやすい。

行動ターゲティング広告は価格も効果も2倍

ネットワークアドバタイジングイニシアティブが行動ターゲティング広告の価値を評価するため、12社の広告ネットワークから提供されたデータを分析。平均CPMは、行動ターゲティング広告が4.12ドル、ランオブネットワーク広告が1.98ドル。平均コンバージョン率は、行動ターゲティング広告が6.8%、ランオブネットワーク広告が2.8%。
------------------------------
The Value of Behavioral Targeting
http://www.networkadvertising.org/pdfs/Beales_NAI_Study.pdf
------------------------------

ブログ移転のお知らせ

このブログは、次のアドレスに移転しました。過去の記事は引き続き旧アドレスでも閲覧できるようにしますが、今後の新しい記事は新アドレスで公開していきます。
------------------------------
旧アドレス
http://www.netadreport.com/blog/
新アドレス
http://blog.netadreport.com/
------------------------------
これまでのRSSフィードも新アドレスにリダイレクトさせますが、これからRSSリーダーなどに登録するときは、次の公式RSSフィードをご利用ください。
------------------------------
公式RSSフィード
http://feedproxy.google.com/netadreport
------------------------------
今回のブログの移転にともなう不都合があれば、連絡をいただけると幸いです。

ヤフー、リアルタイム入札に対応へ

ヤフーが、グーグルやマイクロソフトと比較して後手に回っていたリアルタイム入札への対応を計画している。ヤフーの広告ネットワークやライトメディアの広告在庫について、インプレッションごとにリアルタイム入札できる試験プログラムを、複数のデマンドサイドプラットフォームに提供するようだ。
------------------------------
Demand-Side Platforms: The Pilot
http://www.yadvertisingblog.com/blog/2010/03/15/demand-side-platforms-pilot/
------------------------------

掲載先は広告効果に影響せず

ビデオエッグは、広告ユニット、エンゲージメント(広告とのインタラクション)、広告掲載面のそれぞれが広告効果にもらたす作用を明らかにするため、コムスコアに調査を委託。1万4,000名に実験環境を用意して6社の広告を評価した。それによると、ブランド力のあるウェブサイトは好意的に評価されたが、ブランド力のあるウェブサイトに広告を掲載することがエンゲージメントを高めることはあまりなかった。広告のエンゲージメントはブランド評価に影響を与えた。
------------------------------
VideoEgg and comScore Conduct First Large Scale Research Project to Accurately Determine the Interplay of Ad Units, Engagement and Environment
http://www.videoegg.com/videoegg-and-comscore-conduct-first-large-scale-research-project-to-accurately-determine-the-interplay-of-ad-units-engagement-and-environment/
Full Results
http://www.videoegg.com/wp-content/uploads/2010/03/VE_adeffectiveness_whitepaper.pdf
------------------------------
広告掲載先にこだわって高いCPMを支払うのでなく、ビデオエッグのエンゲージメント課金の広告ユニットを採用すべき、というのが彼らの結論。

リアルタイム入札によるディスプレイ広告革命

アップネクサスがディスプレイ広告のリアルタイム入札に対応した広告プラットフォームを公式に開始。イーベイは広告主としてこのプラットフォームを採用して、成果を上げてきたという。これはニューヨークタイムズでも紹介されている。
------------------------------
Instant Ads Set the Pace on the Web
http://www.nytimes.com/2010/03/12/business/media/12adco.html
------------------------------
ディスプレイ広告のリアルタイム入札については、アップネクサスのマイクノレット氏がブログで解説している。
------------------------------
RTB Part I - What is it?
http://www.mikeonads.com/2009/08/30/rtb-part-i-what-is-it/
RTB Part II - Supply supply supply!
http://www.mikeonads.com/2009/09/19/rtb-part-ii-supply-supply-supply/
RTB Part III - Cookies & User Data
http://www.mikeonads.com/2010/02/22/rtb-part-iii-cookies-user-data/
------------------------------

暴君ハバネロの大預言LIVE

2010年3月15日から4月3日まで、毎日20時ごろから、東ハトがツイッターと連動させた消費者参加型のイベントをユーストリームで生中継。ぐだぐだな感じ。いい意味で。

「リアルタイム・ストリーム」を考慮した戦略立案

2010年3月15日、エデルマン・ジャパンのブロガー向けイベントに出席。エデルマンのスティーブルーベル氏が「Three Digital Trends for the New Decade」というテーマで講演(翌日のアジャイルメディア・ネットワークのセミナーでも同じ内容を講演)。それによると、新潮流は「Stream(ストリーム)」「Visibility(可視性)」「Data(データ)」。資料は次のウェブサイトで閲覧できる。
------------------------------
「リアルタイム・ストリーム」を考慮した戦略立案とデータの活用
http://www.edelman.jp/20/2010/
http://agilemedia.jp/blog/2010/03/8.html
------------------------------
もはや情報は大洪水。寿司にたとえるなら時速100マイルの回転寿司。コンテンツは小さなスナックのようにつままれる。企業は消費者がいるソーシャルメディアに出向いてデジタル大使館を作り、従業員を大使として起用すべき。分散している興味に応じて多数のストーリーを用意しよう。検索を味方に付け、情報の品質を上げ、ソーシャルなつながりを利用して、デジタル領域での存在感を高めたい。そして、データを徹底活用すること。グーグルは自分の母親より自分のことを知っている。

Sony Ericsson - Xperia

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ。製品と同じくらい、ウェブサイトもカッコイイ。

WOMマーケティング、関係性明示を

2010年3月12日、WOMマーケティング協議会が「WOMマーケティングサミット2010」を開催して、「WOMマーケティングガイドライン」を発表。既存の基本理念に、前文と「WOMマーケティング活動ガイドライン」が追加された。WOMマーケティング活動ガイドラインは、関係性明示の原則と社会啓発の原則からなる。

欧州では米国よりディスプレイ広告が有効

2010年3月11日、コムスコアがディスプレイ広告のビュースルー効果についての調査結果を発表。ヨーロッパで実施した約20件の調査を総合すると、広告接触者は非接触者と比較して、広告主のウェブサイトを訪問する割合が72%高く、広告主のブランド名を検索する割合が94%高かった。これは、アメリカの数値より大きいという。報告書は次のページからダウンロードできる。
------------------------------
How Online Advertising Works: Whither the Click in Europe?
http://www.comscore.com/Press_Events/Presentations_Whitepapers/2010/How_Online_Advertising_Works_Whither_the_Click_in_Europe
------------------------------

マツコ・デラックスがつぶやく

2010年3月20日、KDDIは「ぷよぷよフィーバーDX」の対戦イベントを予定。当日に予選を勝ち抜いた参加者は、マツコ・デラックスさんと対決できるという。それに先駆けて、マツコ・デラックスさんが対決への意気込みや挑戦者への威嚇をツイッターでつぶやいている。
------------------------------
MATSUKO DX VS YOU!
http://vsmatsuko.com/
matsukoDX_vs_YOU! (vs_matsuko_dx) on Twitter
http://twitter.com/vs_matsuko_dx
------------------------------

NTTコム、クロスリスティングを買収

NTTコミュニケーションズが、エキサイトと伊藤忠商事からクロスリスティングの株式の61.6%を取得するという。クロスリスティングの株式の95.0%を、NTTコミュニケーションズとその子会社のNTTレゾナントが保有することになる。

第1回 Ogilvy Japan Blogger Gathering 参加者募集

オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパンの社長であり「次世代メディアマーケティング」の著者でもあるケントワータイム氏を囲み、デジタルマーケティングについて語り合うブロガーイベント。参加者を募集している。

フィリップス、フェイスブックでティーザー公開

フィリップスの「Carousel」は、2009年のカンヌ国際広告祭フィルム部門でグランプリを獲得した。フィリップスはそれに続く取り組みとして「Parallel Lines」を公開予定。5名の映画監督を起用してショートフィルムを制作した。すでにフェイスブック内のページでティーザーを公開。本編の正式な公開は4月8日だが、フェイスブックではその前日から公開する。
------------------------------
Philips Cinema - Parallel Lines
http://www.facebook.com/philipscinema?v=app_295019128299
------------------------------

広告2.0

ティムオライリーによる「Web 1.0」と「Web 2.0」の対比は有名だが、ソーシャルメディアドットコムは「Ads 1.0」と「Ads 2.0」を対比させた。

マイクロソフト、フェイスブックの人気アプリから集客

これまでフェイスブックにおける「Bing」のページのファンは、約11万7,000人だった。しかし、わずか1日で新規のファンを約42万5,000人も獲得した。月間8,300万人以上が利用している人気の農園ゲームアプリ「FarmVille」で、「Become a fan of Bing now and get FREE Farm Cash」(「Bing」のファンになって「Farm Cash」を手に入れよう)と呼びかけたため。仮想通貨を求めてゲームの利用者が流れ込んだ。

Google Ad Creation Marketplace

グーグルが音声および映像の広告の制作を仲介。予算やカテゴリーなどを指定して、サンプルを視聴したうえで制作会社にコンタクトできる。

鬼店長

プロトコーポレーション「Goo」。佐々木希さんの出演するテレビ広告に出てきた謎のキャラクター「鬼店長」のブログがあったりする。