スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月, 2020の投稿を表示しています

ベクトル、動画広報CMSを提供

ベクトルがビデオを活用した広報を支援するサービス「カンパニーTV」を開始。ビデオの配信を管理できるプラットフォームと、ビデオの制作を提供する。

日清食品、消費者投稿動画でCMを制作

日清食品がテレビ広告風のビデオを制作できる「CMジェネレーター」を提供。それを利用してツイッターに投稿された消費者のビデオの一部を使用し、テレビ広告を制作して放映。
------------------------------
我が家のどんぎつね
https://www.donbei.jp/generator/
日清のどん兵衛「いつもと違うどんぎつね 篇」
https://www.nissin.com/jp/products/cm/258
------------------------------

ブランドの安全性と適合性のガイド

ヨーロッパのIABが「Guide to Brand Safety & Brand Suitability Definitions & Best Practices Across Europe」を公開。
------------------------------
IAB Europe Guide to Brand Safety & Brand Suitability
https://iabeurope.eu/knowledge-hub/iab-europe-guide-to-brand-safety-brand-suitability/
------------------------------
国別のデジタル広告品質認証スキームは次の通り。
------------------------------
IAB Europe Navigator: Quality Initiatives (update July 2020)
https://iabeurope.eu/knowledge-hub/iab-europe-navigator-quality-initiatives/
------------------------------

ポストサードパーティークッキー時代に向けて

ヨーロッパのIABが「Guide to the Post Third-Party Cookie Era」を公開。サードパーティークッキーが無効になることの影響や代替ソリューションを解説。
------------------------------
IAB Europe Guide to the Post Third-Party Cookie Era
https://iabeurope.eu/knowledge-hub/iab-europe-guide-to-the-post-third-party-cookie-era/
------------------------------

デジタル広告効果測定フレームワーク

ヨーロッパのIABが「Digital Advertising Effectiveness Measurement Framework」を策定。デジタル広告の効果をメディア効果、ブランド効果、販売効果に分類し、定義や指標を整理。
------------------------------
IAB Europe Digital Advertising Effectiveness Measurement Framework
https://iabeurope.eu/knowledge-hub/iab-europe-digital-advertising-effectiveness-measurement-framework/
------------------------------

イルグルム、広告会社に案件管理ツールを提供

イルグルムが、広告代理店向けにクラウド案件管理システム「アドナレッジ」を提供。運用型広告レポート自動作成ツール「アドレポ」と同じように、主要プラットフォームから広告出稿情報を自動で取り込むだけでなく、顧客や案件の各種情報の一元管理、請求データの作成も支援する。

動画広告、スキップせずにブレイクを

「Have a break」をタグラインとするネスレ「KitKat」としては、ユーチューブでも広告をスキップせずにブレイクしてほしい。そこでユーチューブでよく検索される上位50の話題を調べ、それぞれの話題に適した6秒の広告を作り、スキップできない広告を配信した。
------------------------------
Give YouTube a break
https://www.adsoftheworld.com/media/digital/kit_kat_give_youtube_a_break
------------------------------

リテールアド・コンソーシアムを設立

読売新聞グループ本社が、新聞の折り込みチラシとインターネット広告の最適化を目指して「リテールアド・コンソーシアム」を設立。東急エージェンシー、オプト、ウイル・コーポレーション、読売ISも参加。
------------------------------
RETAIL AD CONSORTIUM
https://retailadconsortium.jp/
------------------------------

28社が「コンテンツメディアコンソーシアム」創設

新聞社、出版社、放送局などの28社が、コンテンツ価値の訴求と広告価値の追求を目的としてコンテンツメディアコンソーシアムを創設。2017年に設立されたコンテンツメディア価値研究会を発展させたもので、28社がBI.Garageに出資して運営する。

グーグルの広告収入、初めて減少する見通し

イーマーケッターは、2020年のグーグルのアメリカの広告収入が前年比5.3%減となり、初めて減少すると予測。一方、グーグルを追うフェイスブックは4.9%増、アマゾンは23.5%増の見込み。
------------------------------
Google Ad Revenues to Drop for the First Time
https://www.emarketer.com/content/google-ad-revenues-drop-first-time
------------------------------

日本の広告費、2020年は2割減か

グループMの6月時点の広告市場予測「This Year, Next Year」は、2020年の世界の広告費を前年比11.9%減(アメリカの政治広告費を含めると9.9%減)と予測している。デジタル広告費は2.3%減の見込みだが、初めて総広告費の過半を占めるようになる。上位10カ国で最も広告費が減少する見込みなのはブラジルで29.1%減、次いで日本で20%減。
------------------------------
This Year, Next Year: Global Mid-Year Forecast Report
https://www.groupm.com/this-year-next-year-global-mid-year-forecast-report/
------------------------------

2020年の広告費、最も打撃を受けるのは日本か

マグナが広告費の予測を再び下方修正。2020年の世界の広告費は前年より7.2%減少すると予測。媒体別では、印刷媒体や映画館の広告費は30%以上減少するが、デジタル広告費は1%増となる見通し。主要国で広告費の減少が特に著しいと予想されているのは、イタリア(前年比14.5%減)、スペイン(同14.3%減)、日本(同14.2%減)。
------------------------------
Life After Covid: Global Ad Market to recover in 2021 after steep downturn in 2020
https://magnaglobal.com/life-after-covid-global-ad-market-to-recover-in-2021-after-steep-downturn-in-2020/
------------------------------

LBMA Japan、位置情報活用に指針

LBMA Japanが、位置情報などのデータを「デバイスロケーションデータ」と名付け、ビジネス活用のガイドラインを策定した。会員社にのみ開示。
------------------------------
位置情報等の「デバイスロケーションデータ」利活用に関するガイドライン
https://www.lbmajapan.com/guideline
------------------------------