スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2020の投稿を表示しています

アドフレックス、パターン89と国内独占契約

アドフレックス・コミュニケーションズが、パターン89と日本での独占パートナー契約を締結。パターン89は、フェイスブックとインスタグラムの広告のパフォーマンスを人工知能で予測して最適化するソリューションを提供している。
------------------------------
Pattern89
https://www.pattern89.com/
------------------------------

LINEが「Talk Head View」を正式提供

LINEが、LINEのトークリスト最上部に動画広告を配信できる「Talk Head View」を正式提供。24時間で5,000万人以上の利用者、15才から29才では90%以上の利用者に広告が届くという。

マクロミル、IAB Tech Labに加盟

マクロミルが「The IAB Technology Laboratory」に加盟。アジアのマーケティングリサーチ企業では初めてだという。日本からは、すでにサイバーエージェント、サイバー・コミュニケーションズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、ヤフーなどが加盟している。

世界のネット広告費、2020年はシェア52%

グループMの予測によると、2020年の世界のインターネット広告費は前年比11%増の3,260億ドルとなり、総広告費の52%を占めるようになる。
------------------------------
This Year Next Year: Global Media Forecasts
https://www.groupm.com/news/year-next-year-global-media-forecasts
------------------------------

プログラマティック広告費、1,000億ドルを突破

ピュブリシスグループのゼニスの推計によると、2019年の世界のプログラマティック広告費は前年比22%増の1,060億ドルに。2020年には1,270億ドルになり、検索広告などを除くデジタル広告費の69%を占めるようになると予測している。

ディズニー映画「アナ雪2」でステマ

映画「アナと雪の女王2」の感想を描いた漫画が、複数の漫画家アカウントから一斉にツイートされたことに、ステルスマーケティングだとの批判が相次いだ。関係性の明示がなかったことなどについて、ウォルト・ディズニー・ジャパンが2回にわたり謝罪文を公開。本件については、アイティメディアが精力的に取材している。
------------------------------
ディズニー映画“アナ雪2”にステマ疑惑 「同時刻にレビュー漫画が複数投稿された」指摘が相次ぐ
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1912/04/news126.html
「伝達ミスだった」「ステマではないと認識」 アナ雪2の“ステマ疑惑”にディズニーがコメント
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1912/04/news154.html
ディズニー、アナ雪2“ステマ疑惑”で謝罪 「感想を自由に表現してもらう企画だった」
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1912/05/news147.html
ディズニー、アナ雪2のステマ騒動で再びコメント 「クリエイターに責任はない」
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1912/11/news103.html
------------------------------
「ねとらぼ」はさらに熱心に報道。
------------------------------
「アナ雪2」Twitter感想漫画に「ステマ」疑惑 7本ほぼ同時投稿され炎上 ディズニーは「ステマという認識はない」と弁明
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1912/04/news148.html
「アナ雪2」感想漫画のステマ疑惑 ディズニーが謝罪文を公開
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1912/05/news133.html
WOMマーケティング協議会、「アナ雪2」などのステマ騒動受け「なんらかの声明を発表するべく検討を開始いたしました」
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1912/09/news106.htm…

ファクチュアル、三井物産と資本業務提携

位置情報マーケティングプラットフォームを提供するファクチュアルが、三井物産と資本業務提携して日本市場に参入。
------------------------------
「位置情報がデジタルマーケティングを一変させる」―三井物産とFactualが資本業務提携を締結
https://www.exchangewire.jp/2019/12/19/interview-mitsui-and-factual-attribution/
Factual
https://www.factual.com/
------------------------------

宮崎県小林市、肉のフリー素材を配布

宮崎県小林市が、11月29日(いい肉の日)に肉のフリー素材サイト「oniku images」を公開。小林市は畜産が盛んだという。
------------------------------
肉専門フリー素材WEBサイト 「oniku images」
http://www.tenandoproject.com/onikuimages/
作品例:うわっ…私の肉、薄すぎ…?
http://www.tenandoproject.com/onikuimages/onikuimages-1129005.html
------------------------------

クッキーは個人情報か

クッキーと個人情報保護法との関係や、法改正を見据えた今後の見通しについて、弁護士の杉浦健二氏が解説。
------------------------------
Cookieは個人情報に該当するか - リクナビやフェイスブックの事例から問題点を弁護士が解説
https://www.businesslawyers.jp/articles/693
個人情報保護法改正、公取委の規制を見据えたCookie(クッキー)情報取扱いのポイント
https://www.businesslawyers.jp/articles/694
------------------------------

個人情報保護委員会、クッキー利用に規制検討

個人情報保護委員会が「個人情報保護法 いわゆる3年ごと見直し 制度改正大綱(骨子)」を公表し、意見募集を開始した。注目されるのは「IV-2. 提供先において個人データとなる場合の規律の明確化」で、「提供元では個人データに該当しないものの、提供先において個人データになることが明らかな情報について、個人データの第三者提供を制限する規律を適用する」としている。クッキーや広告IDの一部がこれに該当する。
------------------------------
「個人情報保護法 いわゆる3年ごと見直し 制度改正大綱(骨子)」 の公表について
https://www.ppc.go.jp/news/press/2019/20191129/
------------------------------
インターネットイニシアティブは、「一般的な広告エージェントが発行するサードパーティCookieによるターゲティング広告は対象外」と解説しているが、事業者間の同期により個人データになることもありうるだろう。
------------------------------
個人情報保護法の改正で示されたCookie規制の方向性とは? IIJが解説
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1225265.html
------------------------------
追記(2020年2月21日):「個人情報保護法 いわゆる3年ごと見直し 制度改正大綱」への意見募集結果が公開された。
------------------------------
「個人情報保護法 いわゆる3年ごと見直し 制度改正大綱」に関する意見募集の結果について
https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=240000058&Mode=2
------------------------------

日産、SF小説を発売

日産自動車が、SF小説「答え合わせは、未来で。」を電子書籍アプリ「Kindle」で発売。SF作家など7名による、「自動運転社会の未来」をテーマとした全19話のショートストーリー集。一部の作品はウェブサイトでも公開。

政府がデジタル広告市場の実態を調査

政府のデジタル市場競争本部が、「デジタル広告市場の競争評価に関する論点と今後の取組」という資料を公開した。2020年1月末にかけ、論点などについて意見を募集するとともに実態を調査し、春を目途に中間整理をする。
------------------------------
デジタル広告市場の競争評価に関する論点と今後の取組
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/digitalmarket/kyosokaigi/dai2/sankou5.pdf
デジタル市場競争本部
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/digitalmarket/
------------------------------
9月より開催してきたデジタル市場競争会議およびワーキンググループの議論を踏まえたもの。ワーキンググループの資料も参考になる。
------------------------------
デジタル市場競争会議ワーキンググループ
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/digitalmarket/kyosokaigi_wg/index.html
------------------------------