スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2017の投稿を表示しています

日本人はクチコミを重視

アメリカン・エキスプレス・インターナショナルの調査によると、新規購入を決めるとき、日本の消費者が最も重視するのは「企業の評判」で、次いで「オンライン・ソーシャルメディアの口コミ」。
------------------------------
顧客サービスについての意識調査(ニュースリリース)
https://www.americanexpress.com/jp/content/legal/company/press_release/pdfs/170614.pdf
------------------------------

「JIAA行動憲章」を策定

日本インタラクティブ広告協会が、会員社が目指すべき指針や価値観を共有し、高い倫理観で事業を推進していくことを基本姿勢とする「JIAA行動憲章」を策定。

小説家が書いたカタログ

ボルボ・カー・ジャパンが、最新の「90シリーズ」モデルをモチーフにした短編小説集「小説家が書いたカタログ」を公開。鈴木光司、馳星周、谷村志穂といった著名作家による「カタログ」で、通常のカタログでは伝えきれない不可視で情緒的な価値を訴求。
------------------------------
小説家が書いたカタログ
http://readtolead.v-car.jp/
------------------------------

ビューアブルインプレッション測定ガイダンス

日本インタラクティブ広告協会が「ビューアブルインプレッション測定ガイダンス」を公開。ビューアブルインプレッションの測定について、基本知識や留意事項をまとめた手引書。測定基準は、IABとMRCが発行している測定ガイドラインに準拠する。

インスタグラム、ステマ防止に新機能

インスタグラムが投稿のスポンサーをタグ付けできる機能を追加。投稿のサブヘッダーに「*****(ブランド名)とのタイアップ投稿」(Paid partnership with *****)と表示される。投稿者とスポンサーの両者がその投稿のインサイトを閲覧できる。
------------------------------
Instagramにおける、ビジネスとクリエイターの協業関係の透明性を向上
https://ja.newsroom.fb.com/news/2017/06/instagram-brandedcontents/
Why Transparency Matters: Enhancing Creator and Business Partnerships
https://business.instagram.com/blog/tagging-and-insights
------------------------------
フェイスブックには、類似の機能がすでに追加されている。
------------------------------
フェイスブック、営利投稿の開示を義務化
http://blog.netadreport.com/2017/05/blog-post_13.html
------------------------------

「Facebookアナリティクス」が複数チャネルに対応

フェイスブックが「Facebook Analytics for Apps」を「Facebook Analytics」として刷新。モバイルアプリに加え、フェイスブックのピクセル(一般のウェブサイト)、ページ、メッセンジャーなど、クロスチャネルの分析が可能に。
------------------------------
Facebook Analytics
https://www.facebook.com/analytics/
Facebook Analytics の新機能を使ったユーザー分析
https://www.facebook.com/marketingdevelopers/videos/1317973688317027/
Facebook Analytics ブログ
https://analytics.facebook.com/blog/
------------------------------
例えば、フェイスブックのピクセルをウェブサイトに埋めておけば、訪問者のフェイスブックのIDとクッキーを紐付け、ユニークブラウザーベースでなく属性付きユニークユーザーベースの分析ができる。フェイスブックのページについて、投稿に反応した利用者の属性を分析することもできる。さらに、それらの複数チャネルを横断して分析することもできる。

プログラマティックからオートメーションへ

IABが「An Evolving Framework for Advertising Automation」という資料を公開。デジタル広告の取引が「プログラマティック」か否かを議論するのでなく、「オートメーション」という概念で捉え直すことを提唱しているようだ。
------------------------------
IAB Clarifies Processes for Automated Digital Advertising
https://www.iab.com/news/iab-clarifies-processes-for-automated-digital-advertising/
Automation and Programmatic
https://www.iab.com/guidelines/programmatic-rtb/
------------------------------