スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月, 2014の投稿を表示しています

SNSの利用度、日本は最下位

カンター・ジャパンによると、49カ国で実施した国際調査「Connected Life」で、ソーシャルネットワーキングサービスの利用度は日本が最下位だった。

インドネシアのデジタル広告費が急成長

イーマーケッターの予測によると、2014年のアジア太平洋地域のデジタル広告費は前年比17.9%増の410億7,000万ドルに。国別ではインドネシアのデジタル広告費の成長率が高く、2018年には韓国のデジタル広告費に迫ると予測。

世界のデジタル広告費、総広告費の25%に

イーマーケッターによると、2014年の世界のデジタル広告費は前年比16.7%増の1,401億5,000万ドルとなり、総広告費の25.7%を占めるようになるという。2018年にはモバイル広告費がデジタル広告費の50.9%を占めるようになるという。

「#アマゾンポチ」と返信して買い物

アマゾンジャパンが、ツイッターと連動した新機能「Amazonソーシャルカート」を公開。アマゾンの商品へのリンクを含むツイートに対して、「#アマゾンポチ」のハッシュタグを付けて返信すると、その商品がショッピングカートに追加される。

IMJ、O2O貢献度分析サービスを提供

アイ・エム・ジェイが「O2O貢献度分析サービス」を提供。オンラインの閲覧履歴からオフラインの来店確率を算出したり、コンテンツごとの来店への寄与度を算出したりできるようだ。

「#みんなの長渕」キャンペーン

ユニバーサルミュージックが長渕剛さんのアルバムの発売を記念して「#みんなの長渕」キャンペーンを展開。長渕剛さんの曲を歌っている映像を「Vine」で投稿してもらう施策。熱い。

日本人がいいね!する動機

エグザクトターゲットを買収したセールスフォースドットコムが、調査レポート「SUBSCRIBERS, FANS & FOLLOWERS」で日本に焦点を当てた。日本の消費者が企業の電子メールを購読したり、フェイスブックのファンになったり、ツイッターのフォロワーになる動機を調査している。
------------------------------
Japan Consumer Insights (English)
http://www.exacttarget.com/sff-japan-consumer-insights
国内消費者調査(日本語)
http://www.exacttarget.com/jp/国内消費者調査
------------------------------

DAC、ネイティブ広告の解説を和訳

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムが、IABの「Native Advertising Playbook」を和訳。概要を紹介する資料も公開。
------------------------------
IAB ネイティブアド・プレイブック(日本語訳)
http://www.dac.co.jp/press/pdf/20140619_iab_nativead.pdf
概要の紹介
http://www.slideshare.net/adtech-lab/iab-36091277
------------------------------

RTBの仕組み

リアルタイム入札による広告の取引の仕組みについて、adingoの小澤昇歩氏が解説。分かりやすい。

マルチスクリーンの広告到達率を計算

ユーミーがニールセンのデータを使用して、クロスメディアの広告のリーチのシミュレーターを作成。総予算、デジタル予算、性年齢を指定すると、リーチが計算される。デジタル予算は、スクリーン別の割合も指定できる。
------------------------------
YuMe Multi-Screen Reach Calculator
http://www.yumecalculator.com/
------------------------------

ヤフー、視認保証で広告を販売

ヤフーが視認可能なインプレッションのみに課金する「vCPM (viewable CPM)」方式でディスプレイ広告の販売を開始。グーグルは、同方式による広告の販売を2013年12月から開始している。
------------------------------
Introducing Yahoo Prime View, a New Way to Buy Viewable Impressions
https://advertising.yahoo.com/blog/YAHOO-PRIME-VIEW-LAUNCH.html
------------------------------

PwC、2018年までのメディア市場を予測

プライスウォーターハウスクーパースが発行した「Global Entertainment And Media Outlook 2014-2018」によると、世界のインターネット広告費は2018年に総広告費の33%を占めるようになり、テレビ広告費との差を200億ドルにまで縮める。
------------------------------
PwC Issues Global Entertainment and Media Outlook 2014-2018
http://press.pwc.com/global/pwc-issues-global-entertainment-and-media-outlook-2014-2018/s/5be3359b-db3a-4097-b694-a38e35bc0b4b
Internet advertising spend
http://www.pwc.com/gx/en/global-entertainment-media-outlook/segment-insights/internet-advertising.jhtml
------------------------------

リアルタイムな材料で広告配信

AOLとUMが、リアルタイムマーケティングプラットフォームを開発する。「ガソリン価格が上昇したらハイブリッド車を広告する」「株価が低下したら保守的な投資を広告する」のように、リアルタイムに変動する要素に基づいて広告を配信できるようにするようだ。ニュースリリースでは、この手法を「Moments Marketing」と呼んでいる。
------------------------------
UM and AOL Partner to Launch First Real-Time Marketing Platform
http://corp.aol.com/2014/06/20/um-and-aol-partner-to-launch-first-real-time-marketing-platform/
------------------------------
マインドシェアもリアルタイムマーケティングに取り組んでいる。リアルタイムなインサイトをリアルタイムなアクションにつなげる手法を、彼らは「Adaptive Marketing」と呼んでいる。
------------------------------
Mindshare Takes 'The Loop' Global
http://www.mediapost.com/publications/article/224196/mindshare-takes-the-loop-global.html
------------------------------

世界のデジタル広告費、総広告費の27%に

インターパブリックグループのマグナグローバルが2014年の世界の広告市場を予測。デジタルメディアは媒体費の27%を占めるようになるという。デジタルメディアの24%はモバイル。
------------------------------
MAGNA GLOBAL Ad Forecasts: Reaching the Half Trillion Mark
http://news.magnaglobal.com/article_display.cfm?article_id=1578
------------------------------
日本についても予測。デジタルメディアは媒体費の18%を占めるようになるという。デジタルメディアの27%はモバイル。

トランスコスモス、広告表現を効率的に試験

トランスコスモスがインターネット広告のクリエイティブ検証サービス「t-eams for Creative Performance」を販売。複数の表現要素の膨大な組み合わせのうち、一部のみを配信することで、配信していない表現の効果まで予測する。

検索広告、ブランディングに寄与

グーグルが検索連動型広告のブランド指標への影響を明らかにするため、2013年1月から12月にかけ、イプソスに委託して61件の調査を実施。検索連動型広告がブランドの第一想起率を高めることを確認した。
------------------------------
New Research Shows Search Ads Drive Brand Awareness
http://www.thinkwithgoogle.com/articles/search-ads-drive-brand-awareness.html
------------------------------

フェイスブック、外部サイトの行動も広告配信に使用

フェイスブックが、フェイスブック内の行動だけでなく、フェイスブック外で利用したウェブサイトやアプリの情報も、広告のターゲティングに使用すると発表。広告のターゲティングに使用される興味情報を、利用者自身で管理できる機能も提供する。

Google マイ ビジネス

グーグルがローカルビジネス向けに「Google My Business(Google マイ ビジネス)」を無料で提供。グーグルの検索結果、地図、「Google+」に、適切な情報を掲載できる。

RTB広告価格指数「RTB 500」

リアルタイム入札によるインターネット広告取引市場は、株式などの金融取引市場に例えられることがある。しかし、ダウ平均株価やS&P 500のように、取引価格の指数がない。そこで、メディアポストコミュニケーションズとオーナーIQが、主要パブリッシャーにおけるリアルタイム入札広告売買価格を「RTB 500」として指数化した。
------------------------------
MediaPost - RTB 500 Index
http://www.mediapost.com/rtb500/
------------------------------

LINE、セールスフォースと提携

LINEがセールスフォースドットコムと提携。「LINE ビジネスコネクト」と「Salesforce ExactTarget Marketing Cloud」を連携させる。「LINE ビジネスコネクト」を活用したCRMサービスとしては、リッチメディアも「Pipes」を提供している。

ピンタレスト、セルフサービス型広告を試験

ピンタレストが、大手広告主向けに試験提供している広告商品「Promoted Pins」を、中小の広告主でもセルフサービスで利用できるようにした。
追記(2016年3月16日):広告管理ツール「Pinterest Ads Manager」はアメリカのすべての中小企業に提供されることになった。
------------------------------
Pinterest、広告管理ツールを米国の中小企業に正式公開へ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/030900721/
------------------------------