スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2020の投稿を表示しています

FIREBUG、電通と資本業務提携

著名人のユーチューブチャンネル運用などを支援するFIREBUGが、電通と資本業務提携(電通グループと資本提携、電通と業務提携)。著名人を起用したテレビ広告とユーチューブの連動型ソリューションを開発する。 FIREBUG、電通と資本業務提携 https://firebug.jp/?news=20201117

サイバー、独自のアドフラウド対策ツールを提供

サイバーエージェントが、スマートフォンアプリ広告主向けに独自のアドフラウド対策ツール「CAF」を開発。広告クリック時点で不正なアクセスを検知する。 スマートフォンアプリ広告の不正を事前検知 独自のアドフラウド対策ツール「CAF」の提供を開始 https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=25388

Twitterでブランド成長を図る「Brand Bird」

博報堂DYメディアパートナーズが、Twitter Japanと共同で広告主のブランド成長を支援するサービス「Brand Bird」を提供。ビデオ広告スポンサーシップの開発を含む。 博報堂DYメディアパートナーズ、 Twitter Japanと共同で広告主のブランド成長をサポートするプロジェクト「Brand Bird」のサービスを提供開始 https://www.hakuhodody-media.co.jp/newsrelease/20201112_28529.html

データ転送量の4割は広告

角川アスキー総合研究所が、スマートフォンでのコンテンツ視聴に占める広告の比率を調査。主要15サイトについて、ブラウザーで表示したときのデータ転送量と、広告ブロックツールで広告を非表示にしたときのデータ転送量を計測した。その差分を広告のデータ転送量とすると、すべてのデータ転送量のうち44%が広告だった。 主要サイトのデータ転送量の平均4割は広告、角川アスキー総研が調査 https://ascii.jp/elem/000/004/031/4031768/

アジャイルメディア、トゥーワンラボと提携

アジャイルメディア・ネットワークがトゥーワンラボと資本業務提携。トゥーワンラボは、インスタグラムの投稿を収集して購入へのリンク付きで掲載できるツール「imstream」を提供している。 EC事業者向けインスタグラム マーケティング支援ツール「imstream(インストリーム)」を提供するトゥーワンラボ社と資本業務提携 https://agilemedia.jp/pr/release201106.html

ニュース内の広告は効果的

消費者のニュースへの注目は高まっているが、広告費はそれに伴っていない。その状況を打開すべくIABが調査したところ、ニュース内の広告はブランドの信頼性や評価を高め、購買意向に寄与することが明らかに。 IAB Study Finds That Brands Benefit from Advertising Within News https://www.iab.com/news/iab-study-finds-that-brands-benefit-from-advertising-within-news/ The News Trust Halo: How Advertising in News Benefits Brands https://www.iab.com/insights/the-news-trust-halo-how-advertising-in-news-benefits-brands/

世界最大のツイート

ツイッターでは #WorldsBiggestTweet #GMCYukon でブランド絵文字も利用。ゼネラルモーターズ。 NEXT GENERATION YUKON CREATES WORLD’S BIGGEST TWEET https://www.gmc.com/gmc-life/news/yukon-worlds-biggest-tweet The #WorldsBiggestTweet ? Oh yes, we did. Live big in the Next Generation #GMCYukon . See more 👇 1/ pic.twitter.com/5VTnwM3WT4 — GMC (@GMC) October 27, 2020 https://www.adweek.com/programmatic/gmc-creates-the-worlds-biggest-tweet-to-promote-its-2021-gmc-yukon/

人工知能で広告人物モデルを生成して育成

サイバーエージェントが、企業やブランドに適した人物モデルを生成するサービス「極予測AI人間」を提供。CyberHuman ProductionsのCG制作技術で人物モデルを生成し、「極予測AI」の効果予測を繰り返すことで、広告効果の出せるモデルに育成する。 AIで育成する「広告効果の出せるAIモデル」 https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=25322

フェイスブック、Spark ARのパートナーを認定

フェイスブックが「Spark AR Partner Network」を拡張して再開。30カ国で約100のSpark ARクリエイター(企業または個人)が認定されている。日本からは、ARCAMERA.JP(鈴木順二氏)とアララが認定されているようだ。 ARCAMERA.JP https://sparkar.fb.com/partners/partners/junjisuzuki/ アララ https://sparkar.fb.com/partners/partners/kentalwasa/ Facebook Relaunches Spark AR Partner Network https://sparkar.facebook.com/blog/facebook-relaunches-spark-partner-network/

炎上でツイート休止相次ぐ

10月30日にはタカラトミーが、11月3日にはアツギが、ツイッターアカウントの新規ツイートを当面休止すると発表。両社とも不適切なツイートやキャンペーンが批判を受けていた。コンプライアンスやモラルの問題と捉え、運営体制を見直す。両社の「お詫びと報告」文書の構成や表現には共通点が多い。 タカラトミーによるお詫びと報告 https://www.takaratomy.co.jp/support/pdf/20201030.pdf https://twitter.com/takaratomytoys/status/1322023986344067073 アツギによるお詫びと報告 https://www.atsugi.co.jp/news/pdf/201103.pdf https://twitter.com/ATSUGI_jp/status/1323598533778239489

ツイッターでの会話量と売上に相関

ツイッターがアメリカで25個のブランドについて調査したところ、ツイッター上の会話量と売上には正の相関があった。最も強い相関のあったブランドでは、会話量が10%増加すると売上が2.6%増加した。 The impact of conversation https://marketing.twitter.com/en/insights/the-impact-of-conversation