「インターネット広告のひみつ」による小ネタ備忘録ブログ。注目の話題について抄録と寸評。たまに辛口ですが悪気はありません。
2007/03/10

ニールセンバズメトリックスCMOがCGM用語を解説

ニールセンバズメトリックスのピートブラックショウ氏が、CGM用語を解説している。要約すると次の通り。
------------------------------
Consumer-generated media (CGM):消費者による自主的な解説や意見
Consumer-generated multimedia (CGM2):ビデオをはじめとするマルチメディア版CGM
Consumer-fortified media (CFM):ブランド発コンテンツを勢いづけるもの
Consumer-solicited media (CSM):ブランドからの呼びかけで作り出されるもの
Compensated consumer-generated media (CCGM):有償で作り出されるもの
------------------------------
CGMはUGCとも呼ばれるが、彼は「user」より「consumer」、「content」より「media」という言葉を使っている。「marketer」と対比させるためには「user」より「consumer」の方が分かりやすいため。消費者による「content」は「media」のように機能しているため。
Posted by Kenji at 13:25 | Permalink |
ShareShare |

直前の記事

【広告】 楽天市場キーワードランキング

自己紹介

オオタケンジ。都内で広告の仕事をしています。テレビが好きです。

過去ログ

フォローしてみる

最新記事をメールで受信

無料購読申し込み無料購読申し込み

Agile Media Network パートナーブログ