「インターネット広告のひみつ」による小ネタ備忘録ブログ。注目の話題について抄録と寸評。たまに辛口ですが悪気はありません。
2010/10/02

グーグル、2015年のディスプレイ広告を予言

9月28日、IABのイベント「MIXX Conference & Expo」で、グーグルが2015年のディスプレイ広告について7つの予測を発表。ディスプレイ広告はもっとセクシーでスマートになるという。
------------------------------
What does the future of display advertising look like?
http://googleblog.blogspot.com/2010/09/what-does-future-of-display-advertising.html
1. 広告キャンペーンの50%は、視聴課金型ビデオ広告を含むようになる。
2. ターゲティングする広告の50%は、リアルタイム入札が利用される。
3. モバイルは、ブランドとエンゲージするナンバーワンのスクリーンになる。
4. クリックより重視される5つの指標が開発される。
5. 75%の広告は、共有をはじめとするソーシャル機能を持つようになる。
6. 広告インプレッションの50%をリッチメディアが占めるようになる。
7. 市場規模が500億ドルになる。
------------------------------
この講演では、ユーチューブで間もなく開始する予定の新しいビデオ広告フォーマット「TrueView」や、昨年買収したテラセントの機能なども紹介。次のウェブページで300×600ピクセルの広告ユニットをエクスパンドすると、講演のビデオを視聴できる。このディスプレイ広告内で再生されるビデオは録画だが、当日はライブで配信されたようだ。
------------------------------
Watch This Space - Live Keynote at MIXX
http://www.google.com/adwords/watchthisspace/live/
------------------------------
Posted by Kenji at 20:03 | Permalink |
ShareShare |

自己紹介

オオタケンジ。都内で広告の仕事をしています。テレビが好きです。

過去ログ

フォローしてみる

最新記事をメールで受信

無料購読申し込み無料購読申し込み

Agile Media Network パートナーブログ