スキップしてメイン コンテンツに移動

博報堂DY、CGM領域に対応したサービスを開発

2007年12月21日、博報堂DYグループが4つの商品を発表。博報堂DYインターソリューションズとライトアップで共同開発したという。各サービスの概要は次の通り。各サービスのウェブサイトは公開されていないが、ドメイン名を取得していることを確認。
------------------------------
buzzportal: 生活者がエントリーしたブログ記事を自動的に転載して表示する。
http://www.buzzportal.jp/
buzzSNS: クライアントの独自SNS開発、運営を提供する。
http://www.buzzsns.jp/
buzzpress/buzzclip: 人気ブロガーに新商品・サービスの試供を行う。
http://www.buzzpress.jp/
http://www.buzzclip.jp/
buzzreport: クチコミの拡散状況を個人ベースで際限なく測定する。
http://www.buzzreport.jp/
------------------------------
「buzzportal」はライトアップの「xPortal」、「buzzSNS」はライトアップの「astal」、「buzzpress」「buzzclip」はライトアップの「blogclip」とまったく同じか、それに手を加えたものと推測される。
------------------------------
xPortal
http://asp.xportal.jp/
astal
http://asp.astal.jp/
blogclip
http://www.blogclip.jp/
------------------------------
ライトアップの白石崇氏のブログによると、ライトアップは「gooホームプロジェクト」や「PATAPON」のブログパーツの制作に協力しているという。そこで使用されているトラッキングサービスが「buzzreport」にあたると推測される。
------------------------------
「gooホームプロジェクト」の拡散状況
http://goohome.mapper.jp/map.php
「PATAPON」の拡散状況
http://patapon.mapper.jp/map.php
------------------------------

このブログの人気の投稿

ツイッターでの会話量と売上に相関

ツイッターがアメリカで25個のブランドについて調査したところ、ツイッター上の会話量と売上には正の相関があった。最も強い相関のあったブランドでは、会話量が10%増加すると売上が2.6%増加した。 The impact of conversation https://marketing.twitter.com/en/insights/the-impact-of-conversation

資生堂、広告媒体費の9割以上をデジタルに

資生堂は、世界の媒体費のデジタル化率を、現在の約50%から2023年には90%以上に引き上げるという。2020年第2四半期の決算説明で方針を明らかにした。代表取締役社長の魚谷雅彦氏によると「限りなく100%」を目指すという。 https://www.irwebcasting.com/20200806/5/aa3167b53b/mov/main/index.html

2020年はデジタル広告費のみ成長

グループMの12月時点の広告市場予測「This Year, Next Year」は、2020年の世界の広告費を前年比5.8%減(アメリカの政治広告費を含めると4.1%減)と予測している。デジタル広告費は8.2%増の見込み。日本の広告費は2020年に14%減少するが、2021年には12%増加する見込み。 This Year Next Year: Global End-of-Year Forecast - GroupM https://www.groupm.com/this-year-next-year-global-end-of-year-forecast-2020/