スキップしてメイン コンテンツに移動

リアルタイム入札は媒体社にも広告主にも利益

パブマティックがデマンドサイドプラットフォーム4社(データズー、メディアマス、ターン、エックスプラスワン)と共同で実験。複数カテゴリーの広告主について、複数のターゲティング方法で広告を展開した。リアルタイム入札の広告は、非リアルタイム入札のものと比較すると、媒体社の収入は平均64%高かった。リアルタイム入札の広告は、ターゲティングしないものと比較すると、広告主の成果は平均749%高かった。
------------------------------
Real-Time Bidding, Audience Targeting, and Video Among Five Key Opportunities For Improving Online Publisher Ad Sales According to PubMatic
http://www.pubmatic.com/press-release-10-07-2010
------------------------------

このブログの人気の投稿

資生堂、広告媒体費の9割以上をデジタルに

資生堂は、世界の媒体費のデジタル化率を、現在の約50%から2023年には90%以上に引き上げるという。2020年第2四半期の決算説明で方針を明らかにした。代表取締役社長の魚谷雅彦氏によると「限りなく100%」を目指すという。https://www.irwebcasting.com/20200806/5/aa3167b53b/mov/main/index.html

TikTokがマーケティングパートナーを認定

ティックトックが、ティックトックのマーケティング活用を支援する事業者を認定するプログラム「TikTok For Business Marketing Partner Program」を開始。キャンペーン管理、クリエイティブ開発、ブランドエフェクト(仮想・拡張現実)、測定の分野で、19社を認定した。https://newsroom.tiktok.com/en-us/introducing-tiktok-marketing-partner-program-for-advertisers