スキップしてメイン コンテンツに移動

24/7リアルメディア、2006年のインターネット広告を展望

2005年11月8日、24/7リアルメディアはアドテックにおいて、2006年のインターネット広告の動向予測を明らかにした。
1. Consumer-generated media will become increasingly attractive to advertisers.
消費者が生み出すメディアは、広告主にとってますます魅力的なものになるだろう。
2. Advertisers will continue shifting traditional ad spending to the Web due to increased Internet consumption and better targeting/reporting capabilities.
インターネット利用時間の伸びや、ターゲティングやレポーティングの機能の向上にともない、広告主は既存メディアの予算をさらにウェブへ回すようになるだろう。
3. Advertisers, cable providers and interactive marketing experts will collaborate to address "The TiVo Effect".
広告主、ケーブルプロバイダー、インタラクティブマーケティングのエキスパートは、「ティーボの影響」に対処するために協力するようになるだろう。
4. Brand advertisers will drive the next wave of growth for the paid search market.
ブランドを重視する広告主は、検索連動型広告市場に新たな成長をもたらすだろう。
5. Best practices in localized mobile marketing will be perfected overseas in 2006.
地域に対応したモバイルマーケティングのベストプラクティスが、海外で完成されるだろう。
6. Online advertisers will employ holistic targeting methods to deliver better results and reduce reliance on high-profile, high-CPM ad buys.
広告主は、さらなる成果を求めてホリスティックなターゲティング手法を採用するようになり、割高な広告への依存度を低下させるだろう。
7. Technology and better data access will transform online advertising success to a formulaic equation.
技術と統計の整備により、インターネット広告に数学的な成功の方程式が出現してくるだろう。
8. Japan will be the next frontier for paid search and interactive marketing.
日本が検索およびインタラクティブマーケティングの次のフロンティアになるだろう。
9. Mobile carriers will adopt new ad models to boost revenue beyond usage.
モバイルのキャリアは、収益を拡大させるために新しい広告モデルを採用するだろう。
10. Performance-based pricing models will demonstrate the true value of search engine marketing (SEM) as a lead generation channel.
パフォーマンスベースのプライシングモデルが、リードジェネレイションチャネルとしての検索エンジンマーケティングの真価を立証するだろう。

このブログの人気の投稿

ツイッターでの会話量と売上に相関

ツイッターがアメリカで25個のブランドについて調査したところ、ツイッター上の会話量と売上には正の相関があった。最も強い相関のあったブランドでは、会話量が10%増加すると売上が2.6%増加した。 The impact of conversation https://marketing.twitter.com/en/insights/the-impact-of-conversation

資生堂、広告媒体費の9割以上をデジタルに

資生堂は、世界の媒体費のデジタル化率を、現在の約50%から2023年には90%以上に引き上げるという。2020年第2四半期の決算説明で方針を明らかにした。代表取締役社長の魚谷雅彦氏によると「限りなく100%」を目指すという。 https://www.irwebcasting.com/20200806/5/aa3167b53b/mov/main/index.html

2020年はデジタル広告費のみ成長

グループMの12月時点の広告市場予測「This Year, Next Year」は、2020年の世界の広告費を前年比5.8%減(アメリカの政治広告費を含めると4.1%減)と予測している。デジタル広告費は8.2%増の見込み。日本の広告費は2020年に14%減少するが、2021年には12%増加する見込み。 This Year Next Year: Global End-of-Year Forecast - GroupM https://www.groupm.com/this-year-next-year-global-end-of-year-forecast-2020/