「インターネット広告のひみつ」による小ネタ備忘録ブログ。注目の話題について抄録と寸評。たまに辛口ですが悪気はありません。
2011/04/10

広告の生体反応、ターゲティング手法で異なる

ヤフーがインナースコープリサーチと共同で、ターゲティング手法ごとのディスプレイ広告の効果を生体反応と視線追跡により調査した。同一の広告でも、個人や文脈との関連性によって生体反応に差異が出た。行動ターゲティングのように個人に適合した広告は、注目される時間が長く、瞳孔を拡張して、確実な認知と共感に結び付いた。文脈に適合した広告は、最初に注目されるまでの時間が短く、長期記憶と感情への働きかけが強力だった。個人にも文脈にも適合した広告は、両者の長所を強化した。
------------------------------
Power of Relevancy: The Biometric Impact of Online Advertising
http://advertising.yahoo.com/industry-knowledge/power-of-relevancy-insight.html
------------------------------
Posted by Kenji at 11:06 | Permalink |
ShareShare |

直前の記事

【広告】 楽天市場キーワードランキング

自己紹介

オオタケンジ。都内で広告の仕事をしています。テレビが好きです。

過去ログ

フォローしてみる

最新記事をメールで受信

無料購読申し込み無料購読申し込み

Agile Media Network パートナーブログ