「インターネット広告のひみつ」による小ネタ備忘録ブログ。注目の話題について抄録と寸評。たまに辛口ですが悪気はありません。
2006/08/24

ユーチューブ、新広告コンセプトを発表

2006年8月22日、ユーチューブはコミュニティーとマーケッターの対話を促進するための新広告コンセプト「Participatory Video Ads(参加型ビデオ広告)」と「Brand Channels(ブランドチャンネル)」を明らかにした。ユーチューブが広告収益の拡大に踏み出すニュースであり、日本でも広く報道されているが、ユーチューブのプレスリリースがもっともわかりやすい。
------------------------------
YouTube Unveils New Advertising Concepts
http://www.youtube.com/press_room_entry?entry=RZs9p25QDCY
------------------------------
「Participatory Video Ads (PVA)」はクリックされると再生されるビデオ広告で、他のビデオと同じように評価、共有、コメント、貼付、お気に入りに追加ができる。「Brand Channels」ではコンテントのルックアンドフィールをブランドイメージと統一できる。パリスヒルトンさんのデビューアルバムが「Brand Channels」を展開する最初のパートナーとなり、「PVA」もフロントページに掲出された。
------------------------------
The Official Paris Hilton YouTube Channel
http://www.youtube.com/profile?user=ParisHilton
------------------------------
ビデオ共有サイトは、プリロール型ビデオ広告を採用すれば手っ取り早く広告収入を上げられる。しかし、アドウィークによると、ユーチューブのCEOであるチャドハーリー氏にその気はないようだ。ここでも出てくるキーワードは「engagement」。
------------------------------
YouTube Shuns Pre-Roll Video Advertising
http://www.adweek.com/aw/iq_interactive/article_display.jsp?vnu_content_id=1003020609
------------------------------
Posted by Kenji at 23:02 | Permalink |
ShareShare |

自己紹介

オオタケンジ。都内で広告の仕事をしています。テレビが好きです。

過去ログ

フォローしてみる

最新記事をメールで受信

無料購読申し込み無料購読申し込み

Agile Media Network パートナーブログ