スキップしてメイン コンテンツに移動

コダック、ソーシャルメディアの活用方法を指南

ソーシャルメディアを積極的に活用しているコダックが、他社のマーケッターを支援するために、ソーシャルメディア活用ガイドを公開。自由にダウンロードできる。
------------------------------
Kodak's Social Media Tips
http://www.kodak.com/US/images/en/corp/aboutKodak/onlineToday/Social_Media_9_8.pdf
------------------------------
これだけ的確な資料を作成できる広告会社はどれだけあるだろうか。ソーシャルメディアについて、広告主は広告会社をしのぐ知見を持ちはじめていることを痛感する。チーフブロガーによる「10 Social Media Tips」の抄訳を記載しておく。
------------------------------
1. Know what you are talking about.
ソーシャルメディアを活用したいなら、まず自分で参加して理解すべき。
2. Always be transparent.
自分の身分を隠したり、代役を立てたりせず、いつも正直でいるべき。
3. Be yourself.
企業を代弁するのでなく、自分の個性を通じて熱意を伝えるべき。
4. Post frequently.
期待してくれている読者が離れないよう、定期的に投稿すべき。
5. Add value.
付き合ってもらえる時間に見合う価値を提供すべき。
6. Respond.
質問には答え、お礼して、双方向の対話にすべき。
7. Listen to what others have to say.
提案や意見には感謝すべき。
8. Learn from your mistakes.
失敗を恐れず、間違えたらすぐ修正すべき。
9. Be external.
内部だけに注目せず、外部の情報も引用すべき。
10. Have fun.
あなたが楽しめなければ、付き合うひとも楽しめない。
------------------------------
このようなソーシャルメディア活用の秘訣は、類似したものを何度か見聞きしたことがある。しかし、10ページ目の「Kodak's social media policies」のような文章は読んだことがなかった。このコダックのソーシャルメディアポリシーは、コダックの従業員が業務または個人でソーシャルメディアに参加するときの規則。一般的に外部には出回らないものだ。また、ソーシャルメディアの各種施策を紹介するウェブページを用意していることにも驚いた。
------------------------------
Follow Us - Kodak Blogs and Kodak Online Communities
http://www.kodak.com/go/followus/
------------------------------

このブログの人気の投稿

ツイッターでの会話量と売上に相関

ツイッターがアメリカで25個のブランドについて調査したところ、ツイッター上の会話量と売上には正の相関があった。最も強い相関のあったブランドでは、会話量が10%増加すると売上が2.6%増加した。 The impact of conversation https://marketing.twitter.com/en/insights/the-impact-of-conversation

資生堂、広告媒体費の9割以上をデジタルに

資生堂は、世界の媒体費のデジタル化率を、現在の約50%から2023年には90%以上に引き上げるという。2020年第2四半期の決算説明で方針を明らかにした。代表取締役社長の魚谷雅彦氏によると「限りなく100%」を目指すという。 https://www.irwebcasting.com/20200806/5/aa3167b53b/mov/main/index.html

2020年はデジタル広告費のみ成長

グループMの12月時点の広告市場予測「This Year, Next Year」は、2020年の世界の広告費を前年比5.8%減(アメリカの政治広告費を含めると4.1%減)と予測している。デジタル広告費は8.2%増の見込み。日本の広告費は2020年に14%減少するが、2021年には12%増加する見込み。 This Year Next Year: Global End-of-Year Forecast - GroupM https://www.groupm.com/this-year-next-year-global-end-of-year-forecast-2020/