スキップしてメイン コンテンツに移動

スーパーボウル、多数の広告が「Shazam」に対応

2月5日(日本時間では6日)にテレビで放送される「第46回スーパーボウル」では、多数の広告主がシャザムエンターテインメントの「Shazam for TV」を採用するという。前回のスーパーボウルで採用したのは1社だけだった。スーパーボウルの視聴者は、モバイル端末の音声認識アプリ「Shazam」に広告の音声を感知させることにより、割引券を入手できたり、音楽をダウンロードできたり、懸賞に応募できたりする。テレビ広告の視聴体験を手元のスクリーンで拡張する仕掛け。「Shazam」のアイコンが付いたテレビ広告に注目したい。
------------------------------
Shazam Revolutionizes the Super Bowl with More than One Million Giveaways from Leading Brands and an Enhanced Experience for the Game and Halftime Show
http://www.shazam.com/music/web/pressrelease.html?nid=NEWS20120202132109
------------------------------

このブログの人気の投稿

ツイッターでの会話量と売上に相関

ツイッターがアメリカで25個のブランドについて調査したところ、ツイッター上の会話量と売上には正の相関があった。最も強い相関のあったブランドでは、会話量が10%増加すると売上が2.6%増加した。 The impact of conversation https://marketing.twitter.com/en/insights/the-impact-of-conversation

資生堂、広告媒体費の9割以上をデジタルに

資生堂は、世界の媒体費のデジタル化率を、現在の約50%から2023年には90%以上に引き上げるという。2020年第2四半期の決算説明で方針を明らかにした。代表取締役社長の魚谷雅彦氏によると「限りなく100%」を目指すという。 https://www.irwebcasting.com/20200806/5/aa3167b53b/mov/main/index.html

2020年はデジタル広告費のみ成長

グループMの12月時点の広告市場予測「This Year, Next Year」は、2020年の世界の広告費を前年比5.8%減(アメリカの政治広告費を含めると4.1%減)と予測している。デジタル広告費は8.2%増の見込み。日本の広告費は2020年に14%減少するが、2021年には12%増加する見込み。 This Year Next Year: Global End-of-Year Forecast - GroupM https://www.groupm.com/this-year-next-year-global-end-of-year-forecast-2020/