スキップしてメイン コンテンツに移動

スーパーボウル、多数の広告が「Shazam」に対応

2月5日(日本時間では6日)にテレビで放送される「第46回スーパーボウル」では、多数の広告主がシャザムエンターテインメントの「Shazam for TV」を採用するという。前回のスーパーボウルで採用したのは1社だけだった。スーパーボウルの視聴者は、モバイル端末の音声認識アプリ「Shazam」に広告の音声を感知させることにより、割引券を入手できたり、音楽をダウンロードできたり、懸賞に応募できたりする。テレビ広告の視聴体験を手元のスクリーンで拡張する仕掛け。「Shazam」のアイコンが付いたテレビ広告に注目したい。
------------------------------
Shazam Revolutionizes the Super Bowl with More than One Million Giveaways from Leading Brands and an Enhanced Experience for the Game and Halftime Show
http://www.shazam.com/music/web/pressrelease.html?nid=NEWS20120202132109
------------------------------

このブログの人気の投稿

資生堂、広告媒体費の9割以上をデジタルに

資生堂は、世界の媒体費のデジタル化率を、現在の約50%から2023年には90%以上に引き上げるという。2020年第2四半期の決算説明で方針を明らかにした。代表取締役社長の魚谷雅彦氏によると「限りなく100%」を目指すという。https://www.irwebcasting.com/20200806/5/aa3167b53b/mov/main/index.html

信濃毎日新聞、拡張現実で花火大会

諏訪湖祭湖上花火大会など長野県内の多くの花火大会が中止となったことを受け、信濃毎日新聞が広告企画として「実験 ARおうち花火大会」を実施。朝刊紙面をスマートフォンのカメラで読み込むと、花火が打ち上げられる。養命酒製造とスカパーJSATグループが協賛。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000063584.html