スキップしてメイン コンテンツに移動

はじめての Static FBML

冬休みの自由研究のつもりで、フェイスブックの「Static FBML」アプリを利用してファンページにボックスを追加してみた。ファンとそれ以外でコンテンツを出し分けるようにした。
------------------------------
2010年にもっとも読まれた記事は
http://www.facebook.com/netadreport?v=app_4949752878
------------------------------
予備知識や手引きがなくても、疑問を検索しては英語を読むの繰り返しで完成させることができた。途中でつまづいた箇所は次の通り。これから「Static FBML」に取り組むひとのために。
------------------------------
- 「fb:visible-to-connection」を使用してファンとそれ以外にコンテンツを出し分けるようにしても、ファンページ管理者のアカウントでは両方が表示されてしまう。別ブラウザーからテスト用アカウントで閲覧すると、ファンおよびそれ以外からの見え方を確認しやすい。
- 「fb:visible-to-connection」を使用してファンとそれ以外にコンテンツを出し分けるようにすると、コンテンツに余分なスペースが表示されてしまうことがある。その余白はCSSで調整できる。
- CSSは、冒頭で「<style></style>」タグを使用して埋め込んでしまうと、IEでは反映されない。CSSは外部ファイルにするかインラインで記述しないといけない。
------------------------------
参考までに、FBMLのソースを以下に公開しておく。ソースの一部については省略している。
------------------------------
<link ref="stylesheet" type="text/css" href="http://www.netadreport.com/省略/省略.css" />
<div id="wrapper">
<fb:visible-to-connection>
<h1>2010年にもっとも読まれた記事は</h1>
<p>2010年に「インターネット広告のひみつ」に投稿した700件以上のブログ記事のうち、閲覧数上位10記事は次の通りです。</p>
<ol>
<li><a href="省略">省略</a></li>
<li><a href="省略">省略</a></li>
<li><a href="省略">省略</a></li>
<li><a href="省略">省略</a></li>
<li><a href="省略">省略</a></li>
<li><a href="省略">省略</a></li>
<li><a href="省略">省略</a></li>
<li><a href="省略">省略</a></li>
<li><a href="省略">省略</a></li>
<li><a href="省略">省略</a></li>
</ol>
<div id="share">
<p>この話題をお友だちと共有しましょう。</p>
<fb:share-button class="meta">
<meta name="title" content="2010年にもっとも読まれた記事は: インターネット広告のひみつ" />
<meta name="description" content="2010年の閲覧数上位10記事をファン限定で公開しています。" />
<link rel="target_url" href="http://www.facebook.com/netadreport?v=app_4949752878" />
</fb:share-button>
</div>
<fb:else>
<div id="non-fans">
<p>こちらはファン限定コンテンツです。上部の「いいね!」ボタンをクリックしてください。</p>
</div>
</fb:else>
</fb:visible-to-connection>
</div>

------------------------------
ちなみに、CSSファイルの内容は次の通り。ファン以外向けのコンテンツに絶対位置を指定して、不要な余白を解消している。
------------------------------
#wrapper { margin:0; padding:0; }
#non-fans { position:absolute; top:0; left:0; }

------------------------------
なお、ファンページ内に「いいね!」ボタンを配置する方法は、現在のところ公式にはサポートされていないようだ。

このブログの人気の投稿

ツイッターでの会話量と売上に相関

ツイッターがアメリカで25個のブランドについて調査したところ、ツイッター上の会話量と売上には正の相関があった。最も強い相関のあったブランドでは、会話量が10%増加すると売上が2.6%増加した。 The impact of conversation https://marketing.twitter.com/en/insights/the-impact-of-conversation

資生堂、広告媒体費の9割以上をデジタルに

資生堂は、世界の媒体費のデジタル化率を、現在の約50%から2023年には90%以上に引き上げるという。2020年第2四半期の決算説明で方針を明らかにした。代表取締役社長の魚谷雅彦氏によると「限りなく100%」を目指すという。 https://www.irwebcasting.com/20200806/5/aa3167b53b/mov/main/index.html

2020年はデジタル広告費のみ成長

グループMの12月時点の広告市場予測「This Year, Next Year」は、2020年の世界の広告費を前年比5.8%減(アメリカの政治広告費を含めると4.1%減)と予測している。デジタル広告費は8.2%増の見込み。日本の広告費は2020年に14%減少するが、2021年には12%増加する見込み。 This Year Next Year: Global End-of-Year Forecast - GroupM https://www.groupm.com/this-year-next-year-global-end-of-year-forecast-2020/