スキップしてメイン コンテンツに移動

アーンドメディアが広告効果を増幅

ニールセンとフェイスブックが共同で調査を実施。フェイスブックの広告接触者は、非接触者よりも広告認知率が10%、ブランド認知率が4%、購入意向率が2%高かった。しかし、広告認知率は、友人がブランドのファンであることを記述している広告だと16%、ニュースフィードに類似の記述があるときの広告だと30%高かった。ブランド認知率などについても同じような傾向だった。つまり、アーンドメディアがペイドメディアのパフォーマンスを引き上げるということ。報告書をダウンロードできる。
------------------------------
Understanding the Value of a Social Media Impression: A Nielsen and Facebook Joint Study
http://en-us.nielsen.com/main/insights/reports/
------------------------------

このブログの人気の投稿

Xが広告在庫をグーグルに開放か

X(旧ツイッター)が「Google Ad Manager」を使用して広告在庫の一部を販売するようだ。「ads.txt」に「google.com」が追加された。 X turns to Google to sell programmatic ads as it struggles to regain ad dollars https://adage.com/article/digital-marketing-ad-tech-news/x-turns-google-programmatic-ads-timeline/2515981

電通グループ、フラーと資本業務提携

電通グループがフラーに出資し、フラーは電通グループの持分法適用関連会社に。また、電通デジタルとフラーは業務提携。 フラー、電通グループと資本業務提携を締結し、 モバイルDXの推進に向け電通デジタルとの協業を加速 https://www.fuller-inc.com/news/2024/06/partnership-dentsu フラー社との業務提携を締結し新たなモバイルアプリ市場を創造 https://www.dentsudigital.co.jp/news/release/services/2024-0621-000165

ユーチューブ広告の視聴率、実態と乖離

GPによると、ユーチューブは「ながら視聴」されやすいため広告が注視されづらい。耳だけで聴取されやすい長尺ビデオは、広告管理画面上で視聴率(=視聴回数÷表示回数)が高めになっていて、実際の視聴実態と乖離しているという。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000137.000006798.html