スキップしてメイン コンテンツに移動

ディスプレイ広告と検索広告の併用を推奨

2009年5月11日、アイプロスペクトがディスプレイ広告と検索連動型広告を併用を推奨する調査結果を発表。2009年1月にアメリカで実施したアンケート調査で、実際の行動を追跡したものではない。質問文が巧妙であることにも注意。
------------------------------
Search Engine Marketing and Online Display Advertising Integration Study
http://www.iprospect.com/about/researchstudy_2009_searchanddisplay.htm
------------------------------
過去半年間のディスプレイ広告に対する最初の反応を質問したところ、広告をクリックしたことのあるひとが31%で、検索エンジンで関連情報を検索したことのあるひとが27%。つまり、クリックしたひとと同じくらい検索したひとがいる。ブラウザーにアドレスを打ち込んだりソーシャルメディアで情報を探索したひとを含めれば、インターネット利用者の52%は、ディスプレイ広告に対して何らかの反応をしたという。また、ディスプレイ広告に反応したその52%のうちの49%は、その後に関連情報を検索している。というわけで、ディスプレイ広告は有効であり、検索連動型広告を組み合わせれば機会損失がない。

このブログの人気の投稿

資生堂、広告媒体費の9割以上をデジタルに

資生堂は、世界の媒体費のデジタル化率を、現在の約50%から2023年には90%以上に引き上げるという。2020年第2四半期の決算説明で方針を明らかにした。代表取締役社長の魚谷雅彦氏によると「限りなく100%」を目指すという。https://www.irwebcasting.com/20200806/5/aa3167b53b/mov/main/index.html

信濃毎日新聞、拡張現実で花火大会

諏訪湖祭湖上花火大会など長野県内の多くの花火大会が中止となったことを受け、信濃毎日新聞が広告企画として「実験 ARおうち花火大会」を実施。朝刊紙面をスマートフォンのカメラで読み込むと、花火が打ち上げられる。養命酒製造とスカパーJSATグループが協賛。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000063584.html