スキップしてメイン コンテンツに移動

カンヌ広告祭サイバー部門で「UNIQLOCK」に栄冠

2008年6月19日、カンヌ国際広告祭のサイバー部門でユニクロ「UNIQLOCK」がグランプリを受賞。「UNIQLOCK」は、東京インタラクティブ・アド・アワードでもグランプリ、ワンショーインタラクティブでもベストオブショー、クリオ賞インタラクティブ部門でもグランドクリオを受賞するなど、その評価は揺るぎないものになっている。
------------------------------
Cannes Lions Winners & Shortlists 2008
http://www.canneslions.com/winners/
------------------------------
サイバー部門では、ユニクロのほかにもスカンジナビアオンライン「SOL comments」、ナインインチネイルズ「YEAR ZERO」がグランプリを獲得。
------------------------------
UNIQLO - UNIQLOCK
http://www.projector.jp/awards/uniqlock/everlasting/
SCANDINAVIA ONLINE - SOL COMMENTS
http://www.mediafront.no/projects/sol/en/
TRENT REZNOR/NIN - YEAR ZERO
http://www.42entertainment.com/YearZero/
------------------------------
スカンジナビアオンライン「SOL comments」は、コピーライターが交代しながらバナー広告のスペースに手書きのコメントを投稿したもの。そのコメントは、バナー広告掲載面の記事に沿ったもので、記事が更新されるのを確認しながらコメントもリアルタイムに更新したようだ。ナインチネイルズ「YEAR ZERO」は、同名のコンセプトアルバムのプロモーション。アルバムの背景の筋書きを拡張させるため、あらゆるメディアに謎を仕掛けてARGを展開した。

このブログの人気の投稿

ツイッターでの会話量と売上に相関

ツイッターがアメリカで25個のブランドについて調査したところ、ツイッター上の会話量と売上には正の相関があった。最も強い相関のあったブランドでは、会話量が10%増加すると売上が2.6%増加した。 The impact of conversation https://marketing.twitter.com/en/insights/the-impact-of-conversation

資生堂、広告媒体費の9割以上をデジタルに

資生堂は、世界の媒体費のデジタル化率を、現在の約50%から2023年には90%以上に引き上げるという。2020年第2四半期の決算説明で方針を明らかにした。代表取締役社長の魚谷雅彦氏によると「限りなく100%」を目指すという。 https://www.irwebcasting.com/20200806/5/aa3167b53b/mov/main/index.html

2020年はデジタル広告費のみ成長

グループMの12月時点の広告市場予測「This Year, Next Year」は、2020年の世界の広告費を前年比5.8%減(アメリカの政治広告費を含めると4.1%減)と予測している。デジタル広告費は8.2%増の見込み。日本の広告費は2020年に14%減少するが、2021年には12%増加する見込み。 This Year Next Year: Global End-of-Year Forecast - GroupM https://www.groupm.com/this-year-next-year-global-end-of-year-forecast-2020/