「インターネット広告のひみつ」による小ネタ備忘録ブログ。注目の話題について抄録と寸評。たまに辛口ですが悪気はありません。
2010/09/12

「Google インスタント検索」による広告への影響

グーグルが日本を含まない海外8カ国で新機能「インスタント検索」を開始。検索内容を入力しはじめると、入力の終了しないうちから予測キーワードに基づく検索結果と広告が自動的に表示される。これにより、グーグルは検索連動型広告のインプレッションの定義を変更。「ユーザーが入力を止めて結果が3秒以上表示されたとき」なども広告のインプレッションがカウントされるので、クリック率は低下するかもしれない。広告表示回数の算出方法は、次のヘルプで紹介されている。
------------------------------
Google インスタント検索とは
http://adwords.google.com/support/aw/bin/answer.py?hl=jp&answer=187309
------------------------------
この機能が広告主に与える影響は、エフィシェントフロンティアもブログで解説している。インプレッションの増加とクリック率の低下だけでなく、トラフィックの変動、品質スコアの変動も予想されるという。この分析は鋭い。
------------------------------
Google Instant: Potential Implications for the Advertiser
http://blog.efrontier.com/insights/2010/09/google-instant-potential-implications-for-the-advertiser.html
------------------------------
検索連動型広告を展開していなくても、ブランド名のキーストロークごとの予測キーワードは確認しておくべきだろう。
Posted by Kenji at 00:05 | Permalink |
ShareShare |

直前の記事

【広告】 楽天市場キーワードランキング

自己紹介

オオタケンジ。都内で広告の仕事をしています。テレビが好きです。

過去ログ

フォローしてみる

最新記事をメールで受信

無料購読申し込み無料購読申し込み

Agile Media Network パートナーブログ