スキップしてメイン コンテンツに移動

フェイスブック広告を支援する無料便利ツール

フェイスブック広告管理ツールを提供するソーシャルアズツールが、顧客以外にも便利なツールを無料で公開している。「Word Stats」は、フェイスブック広告のパフォーマンスを(興味ターゲティングで指定した)キーワードごとに分析できるツール。フェイスブックがオンラインで提供するレポートでは不可能な分析ができ、ターゲティング条件の見直しに役立つ。「Social Stats」というツールでは、国別のフェイスブック利用者数とその属性を確認できる。広告のターゲットとする性年齢や興味を指定すると、配信対象の利用者数、入札価格、推奨予算、クリック数などが計算される。
------------------------------
Free Facebook Marketing Tools
http://www.socialadstool.com/free-tools
Social Ads Tool
http://www.socialadstool.com/
------------------------------
ソーシャルアズツールは、フェイスブック広告の管理画面からは指定できない「Action Spec Targeting」(「Spotifyで音楽を聴いた」などのようなオープングラフのアクションによる広告のターゲティング)にも対応しているようだ。

このブログの人気の投稿

資生堂、広告媒体費の9割以上をデジタルに

資生堂は、世界の媒体費のデジタル化率を、現在の約50%から2023年には90%以上に引き上げるという。2020年第2四半期の決算説明で方針を明らかにした。代表取締役社長の魚谷雅彦氏によると「限りなく100%」を目指すという。https://www.irwebcasting.com/20200806/5/aa3167b53b/mov/main/index.html

信濃毎日新聞、拡張現実で花火大会

諏訪湖祭湖上花火大会など長野県内の多くの花火大会が中止となったことを受け、信濃毎日新聞が広告企画として「実験 ARおうち花火大会」を実施。朝刊紙面をスマートフォンのカメラで読み込むと、花火が打ち上げられる。養命酒製造とスカパーJSATグループが協賛。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000063584.html