「インターネット広告のひみつ」による小ネタ備忘録ブログ。注目の話題について抄録と寸評。たまに辛口ですが悪気はありません。
2012/04/08

グーグルの考えるアトリビューションモデル

アトリビューション分析を支援する機能として、「Google アナリティクス」には「マルチチャネル」レポートがあるが、「Google アナリティクス」の有料版には「アトリビューションモデリング」ツールがある。次の5種類の標準モデルがあり、モデルごとにチャネルの評価の差異を比較できる。モデルはカスタマイズもできる。
------------------------------
1. Last Interaction model: 最後のタッチポイントだけを成果の要因とする
2. First Interaction model: 最初のタッチポイントだけを成果の要因とする
3. Linear model: すべてのタッチポイントを均等に成果の要因とする
4. Position Based model: 最初・途中・最後のタッチポイントを重みを変えて成果の要因とする
5. Time Decay model: コンバージョンに近いタッチポイントをより重く成果の要因とする
------------------------------
この機能は無料版にも追加してほしい。
Posted by Kenji at 15:01 | Permalink |
ShareShare |

自己紹介

オオタケンジ。都内で広告の仕事をしています。テレビが好きです。

過去ログ

フォローしてみる

最新記事をメールで受信

無料購読申し込み無料購読申し込み

Agile Media Network パートナーブログ