スキップしてメイン コンテンツに移動

アクセス解析における検索ワードのロングテイル

このウェブサイト「インターネット広告のひみつ」のアクセス解析(ロックオン「ログエビス」を使用)から、検索ワードのロングテイルの状況を確認してみたい。集計期間は2005年10月1日から12月31日の3ヶ月間。まず、検索キーワード・フレーズごとの訪問回数ランキングは次のとおり。
------------------------------
1. インターネット広告(1,607回)
2. メディアレップ(779回)
3. ネット広告(619回)
4. 広告会社(420回)
5. 広告(337回)
6. 広告会社 ランキング(304回)
7. レップ(295回)
8. ブレードは誰だ(268回)
9. インターネット広告のひみつ(264回)
10. インターネット 広告(248回)
------------------------------
検索ワード「インターネット広告」による訪問回数が多いのは、グーグルでトップ表示を維持できているためだろう。検索エンジンからの訪問はグーグルが52%、ヤフーが42%。次に、検索ワードと訪問回数の関係は次のとおり。
------------------------------
検索ワード上位10%(717語) --> 訪問回数の71.6%
検索ワード上位20%(1,433語) --> 訪問回数の77.3%
検索ワード上位30%(2,150語) --> 訪問回数の80.1%
検索ワード上位40%(2,867語) --> 訪問回数の83.0%
検索ワード上位50%(3,584語) --> 訪問回数の85.9%
検索ワード上位60%(4,300語) --> 訪問回数の88.7%
検索ワード上位70%(5,017語) --> 訪問回数の91.5%
検索ワード上位80%(5,734語) --> 訪問回数の94.3%
検索ワード上位90%(6,450語) --> 訪問回数の97.0%
検索ワード上位100%(7,167語) --> 訪問回数の100%
------------------------------
パレートの法則どおり、検索ワード上位2割が訪問回数の8割近くを占めている。また、ロングテイルといわれるとおり、それ以外にも多数の検索ワードからの訪問がある。検索ワード7,167語のうち、約8割は1回しか訪問がない。

このブログの人気の投稿

ツイッターでの会話量と売上に相関

ツイッターがアメリカで25個のブランドについて調査したところ、ツイッター上の会話量と売上には正の相関があった。最も強い相関のあったブランドでは、会話量が10%増加すると売上が2.6%増加した。 The impact of conversation https://marketing.twitter.com/en/insights/the-impact-of-conversation

資生堂、広告媒体費の9割以上をデジタルに

資生堂は、世界の媒体費のデジタル化率を、現在の約50%から2023年には90%以上に引き上げるという。2020年第2四半期の決算説明で方針を明らかにした。代表取締役社長の魚谷雅彦氏によると「限りなく100%」を目指すという。 https://www.irwebcasting.com/20200806/5/aa3167b53b/mov/main/index.html

2020年はデジタル広告費のみ成長

グループMの12月時点の広告市場予測「This Year, Next Year」は、2020年の世界の広告費を前年比5.8%減(アメリカの政治広告費を含めると4.1%減)と予測している。デジタル広告費は8.2%増の見込み。日本の広告費は2020年に14%減少するが、2021年には12%増加する見込み。 This Year Next Year: Global End-of-Year Forecast - GroupM https://www.groupm.com/this-year-next-year-global-end-of-year-forecast-2020/