スキップしてメイン コンテンツに移動

ディスプレイ広告の反応率を高める10か条

1. Call-to-Action
コールトゥーアクション、すなわち広告を見た後の行動を促す明快な文言やボタンを用意。
2. Call-to-Action in Every Frame
すべてのフレームに行動を喚起する要素を。最終のフレームはもっとも大切。
3. Company or Brand logo
すべてのフレームにブランドや商品のロゴを。信頼性が高まりクリックされやすくなる。
4. Pricing and Promotion
価格などを具体的に。注目されやすくなるし、興味のない消費者の無駄なクリックを防げる。
5. Clear Value Proposition
商品やサービスのベネフィットを明快かつ魅力的に。クリックしなければ損と思わせる。
6. Sense of Urgency
切迫感を。期間や数量などが限定されていることを伝えて、判断を急がせる。
7. Coordinate Colors & Images
色と画像をコーディネート。背景や文字は見やすい色に。極端に明るい色は見づらい。
8. Balance Text & Images
文字と画像をバランスよく。文字と画像は脳で別々に処理されるので、組み合わせると効く。
9. Relevant Landing Page
適切なランディングページに。広告と関連性の高い内容およびデザインのページに誘導する。
10. Cast a Wide Net
幅広く配信。多数のサイズの広告を制作しておけば、広告ネットワークで機会損失を防げる。

このブログの人気の投稿

ツイッターでの会話量と売上に相関

ツイッターがアメリカで25個のブランドについて調査したところ、ツイッター上の会話量と売上には正の相関があった。最も強い相関のあったブランドでは、会話量が10%増加すると売上が2.6%増加した。 The impact of conversation https://marketing.twitter.com/en/insights/the-impact-of-conversation

2020年はデジタル広告費のみ成長

グループMの12月時点の広告市場予測「This Year, Next Year」は、2020年の世界の広告費を前年比5.8%減(アメリカの政治広告費を含めると4.1%減)と予測している。デジタル広告費は8.2%増の見込み。日本の広告費は2020年に14%減少するが、2021年には12%増加する見込み。 This Year Next Year: Global End-of-Year Forecast - GroupM https://www.groupm.com/this-year-next-year-global-end-of-year-forecast-2020/

ユーチューブをテレビが補完

グーグルの調査によると、ユーチューブの広告のリーチはテレビのそれをしのぐ。ユーチューブがテレビを補完するのでなく、テレビがユーチューブを補完する。 YouTube広告をやりきるとどうなるか?「リーチ力の可能性」を検証する https://www.thinkwithgoogle.com/intl/ja-jp/marketing-strategies/video/yt-trpr/