スキップしてメイン コンテンツに移動

カンヌ広告祭、「世界最高の仕事」がサイバーも制覇

2009年6月24日、カンヌ国際広告祭サイバー部門の受賞広告が発表された。グランプリは3つ。クイーンズランド州観光公社、フィアット、ワーナーブラザーズワールドワイドマーケティング。クイーンズランド州観光公社のキャンペーンは、ダイレクト部門とPR部門でもグランプリを獲得している。映画「The Dark Knight」のARGを仕掛けた42エンタテインメントは、2年連続でグランプリ。
------------------------------
Tourism Queensland - The Best Job in the World
http://www.ourawardentry.com.au/bestjob/
Fiat - eco:Drive
http://awards.akqa.com/awards2009/CannesLions/Fiat_eco_Drive/default.html
Warner Bros Worldwide Marketing - Why So Serious?
http://www.alternaterealitybranding.com/whysoserious_viral09/
------------------------------
審査員の評価がアドエイジで紹介されている。デジタルがデジタルとして機能したのでなく、統合的なマーケティングの一部として現実世界のエンゲージメントに寄与したものが評価されているようだ。バーガーキング「Whopper Sacrifice」やフリトレー「Hotel 626」などは、その視点から評価するとオンラインの局地的なキャンペーンに見えてしまったのだろう。
------------------------------
Tourism Queensland's 'Best Job' Picks Up Its Third Grand Prix
http://adage.com/cannes09/article?article_id=137551
------------------------------
6月27日にはフィルム部門の受賞広告が発表され、フィリップスがオンラインで公開した「Carousel」がグランプリを獲得。映像としては傑作だが、サイバー部門ではシルバー。
------------------------------
Philips - Carousel (Cinema 21:9)
http://www.cinema.philips.com/
------------------------------
カンヌ国際広告祭は、近年カテゴリーの細分化が進んだが、受賞広告は単一のカテゴリーに収まらないものが多い。今回はそれをさらに強く感じた。

このブログの人気の投稿

資生堂、広告媒体費の9割以上をデジタルに

資生堂は、世界の媒体費のデジタル化率を、現在の約50%から2023年には90%以上に引き上げるという。2020年第2四半期の決算説明で方針を明らかにした。代表取締役社長の魚谷雅彦氏によると「限りなく100%」を目指すという。https://www.irwebcasting.com/20200806/5/aa3167b53b/mov/main/index.html

TikTokがマーケティングパートナーを認定

ティックトックが、ティックトックのマーケティング活用を支援する事業者を認定するプログラム「TikTok For Business Marketing Partner Program」を開始。キャンペーン管理、クリエイティブ開発、ブランドエフェクト(仮想・拡張現実)、測定の分野で、19社を認定した。https://newsroom.tiktok.com/en-us/introducing-tiktok-marketing-partner-program-for-advertisers