スキップしてメイン コンテンツに移動

特命宣伝部長 高田鳥場

高田鳥場とユカイな仲間たちによる書籍「特命宣伝部長 高田鳥場 - ほんのり香る、広告のにおい。」をいただいた。「高田鳥場」とは、高田馬場駅から徒歩5分に本社のあるエステーの特命宣伝部長だという。エステーといえば、独自の境地を切り拓いているテレビ広告が人気。広告はウェブサイト「エステー宣伝部ドットコム」でも視聴できる。ちなみに、エステーの社是は「誠実」。
------------------------------
エステー宣伝部ドットコム
http://www.st-sendenbu.com/
http://www.onamae.com/service/d-parlay/dk-43.html
------------------------------
実際の宣伝部長である鹿毛康司氏については、ウィキペディアで経歴が紹介されている。鹿毛康司氏と高田鳥場が同一人物であるかは不明。ちなみに、被りモノが好きな宣伝担当者といえば、森永製菓に勤務する東京プリンの伊藤洋介氏が有名だが、2009年3月に退職したようだ。
------------------------------
鹿毛康司
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B9%BF%E6%AF%9B%E5%BA%B7%E5%8F%B8
------------------------------
週刊粧業によると、この書籍の記者発表にはわざわざ鈴木喬社長が出席して挨拶している。「当社は世にないことをやる会社だ。暗い日本を元気にするため、高田鳥場に期待していただきたい」という。鈴木喬氏が過去に出演したテレビ番組を視聴したところ、只者ではないようだ。
------------------------------
エステー、「特命宣伝部長 高田鳥場」の書籍発売で発表会
http://syogyo.seesaa.net/article/120337459.html
テレビ番組「賢者の選択」
http://www.kenja.jp/movie_details.php?tarC=fukabori&tar=187_11.flv
------------------------------
書籍の内容は極めてナンセンス。テレビ広告と同じように。

このブログの人気の投稿

資生堂、広告媒体費の9割以上をデジタルに

資生堂は、世界の媒体費のデジタル化率を、現在の約50%から2023年には90%以上に引き上げるという。2020年第2四半期の決算説明で方針を明らかにした。代表取締役社長の魚谷雅彦氏によると「限りなく100%」を目指すという。https://www.irwebcasting.com/20200806/5/aa3167b53b/mov/main/index.html

TikTokがマーケティングパートナーを認定

ティックトックが、ティックトックのマーケティング活用を支援する事業者を認定するプログラム「TikTok For Business Marketing Partner Program」を開始。キャンペーン管理、クリエイティブ開発、ブランドエフェクト(仮想・拡張現実)、測定の分野で、19社を認定した。https://newsroom.tiktok.com/en-us/introducing-tiktok-marketing-partner-program-for-advertisers