スキップしてメイン コンテンツに移動

The T-Mobile Dance

2009年1月16日、イギリスのTモバイルが放送したテレビ広告が話題に。リバプールストリート駅で群集が次々に踊りだすもの。350名のダンスを隠しカメラで撮影。撮影から放送まで36時間以内。ユーチューブに公式チャンネルを開設して、2月からダンスのビデオの投稿を募集予定。サーチアンドサーチ。
------------------------------
The T-Mobile Dance
http://www.deutschetelekom.com/dtag/cms/content/dt/en/596270?archivArticleID=611300
http://www.t-mobile.co.uk/dance/
http://uk.youtube.com/lifesforsharing
------------------------------
Tモバイルのブランドタグラインは「Life's for Sharing」。今回の施策に込められたメッセージを言葉にするなら、「毎日の生活には予期せぬエキサイティングな出来事があり、それを家族や友人と分かち合いたいときに頼りになるのがTモバイル」といったところか。独創的なイベントの映像をテレビ広告にしてオンラインで話題を広める手法は、ソニー「BRAVIA」と共通している。今回はダンスというフィジカルなテーマ、フラッシュモブというオンラインのカルチャーに注目したところが、バイラルの推進力になっているのではないか。
------------------------------
Flash mob
http://en.wikipedia.org/wiki/Flash_mob
------------------------------
ユーチューブで「flash mob (flashmob)」のビデオを探すと、広告手法としての新たな可能性を感じる。

このブログの人気の投稿

ツイッターでの会話量と売上に相関

ツイッターがアメリカで25個のブランドについて調査したところ、ツイッター上の会話量と売上には正の相関があった。最も強い相関のあったブランドでは、会話量が10%増加すると売上が2.6%増加した。 The impact of conversation https://marketing.twitter.com/en/insights/the-impact-of-conversation

資生堂、広告媒体費の9割以上をデジタルに

資生堂は、世界の媒体費のデジタル化率を、現在の約50%から2023年には90%以上に引き上げるという。2020年第2四半期の決算説明で方針を明らかにした。代表取締役社長の魚谷雅彦氏によると「限りなく100%」を目指すという。 https://www.irwebcasting.com/20200806/5/aa3167b53b/mov/main/index.html

2020年はデジタル広告費のみ成長

グループMの12月時点の広告市場予測「This Year, Next Year」は、2020年の世界の広告費を前年比5.8%減(アメリカの政治広告費を含めると4.1%減)と予測している。デジタル広告費は8.2%増の見込み。日本の広告費は2020年に14%減少するが、2021年には12%増加する見込み。 This Year Next Year: Global End-of-Year Forecast - GroupM https://www.groupm.com/this-year-next-year-global-end-of-year-forecast-2020/