スキップしてメイン コンテンツに移動

MRC、視認可能な広告の測定に見解

ディスプレイ広告の視認可能なインプレッションの定義や測定について、MRCがパイロットテストの結果と見解を公開。パイロットテストは、2012年の5月から6月にかけて、22件のキャンペーンを調査した。視認可能なインプレッションの割合は、78.6%から7.3%までばらつきがあった。そもそも、クロスドメインのiFrameなどの問題により、視認可能か否かを判別できるインプレッションは一部にすぎない。視認可能なインプレッションを業界標準の通貨とするには、解決すべき課題が多い。
------------------------------
Viewable Impression Advisory from MRC
http://www.iab.net/press_release/2570895
------------------------------
パイロットテストの結果については、360iも詳細なレポートを公開している。
------------------------------
The Future of Viewability – New Report Outlines Key 3MS Findings
http://blog.360i.com/360i-news/the-future-of-viewability-new-360i-report-outlines-key-3ms-findings
------------------------------
IABはiFrameの代替技術として、視認可能なインプレッションの測定に対応する「SafeFrame 1.0」の仕様を公開。パブリックコメントを求めている。
------------------------------
IAB Releases SafeFrame 1.0 for Public Comment, Specifications will Power Viewable Impression Measurement Standards
http://www.iab.net/press_release/pr-111912_safeframe
------------------------------

このブログの人気の投稿

ツイッターでの会話量と売上に相関

ツイッターがアメリカで25個のブランドについて調査したところ、ツイッター上の会話量と売上には正の相関があった。最も強い相関のあったブランドでは、会話量が10%増加すると売上が2.6%増加した。 The impact of conversation https://marketing.twitter.com/en/insights/the-impact-of-conversation

資生堂、広告媒体費の9割以上をデジタルに

資生堂は、世界の媒体費のデジタル化率を、現在の約50%から2023年には90%以上に引き上げるという。2020年第2四半期の決算説明で方針を明らかにした。代表取締役社長の魚谷雅彦氏によると「限りなく100%」を目指すという。 https://www.irwebcasting.com/20200806/5/aa3167b53b/mov/main/index.html

2020年はデジタル広告費のみ成長

グループMの12月時点の広告市場予測「This Year, Next Year」は、2020年の世界の広告費を前年比5.8%減(アメリカの政治広告費を含めると4.1%減)と予測している。デジタル広告費は8.2%増の見込み。日本の広告費は2020年に14%減少するが、2021年には12%増加する見込み。 This Year Next Year: Global End-of-Year Forecast - GroupM https://www.groupm.com/this-year-next-year-global-end-of-year-forecast-2020/