スキップしてメイン コンテンツに移動

フェイスブックの懸賞アプリ一覧

フェイスブックでプレゼントキャンペーンを簡単に実施するためのアプリ。五十音順。不足があれば連絡ください。
------------------------------
IQUE - プラコレ
http://www.ique.co.jp/pracolle/
アライドアーキテクツ - モニプラ for Facebook
http://fan-app.monipla.jp/
ガイアックス - Fantasticsアプリ
http://gaiax-socialmediafactory.com/asp
クロコス - Crocosマーケティング
http://marketing.crocos.jp/
コムニコ - morau
https://apps.facebook.com/morau_jp/
ハイベロシティ - Hivelo Social Apps
http://social.hivelocity.co.jp/
マインドフリー - fanCampaign
https://apps.facebook.com/fancampaign/
------------------------------
フェイスブックの利用規約や景品表示法に違反している施策を見かけるので注意。
------------------------------
追記(2012年8月2日):スマートシェア - SmartShare Apps
http://www.ssapp.jp/platform/application
追記(2012年8月12日):リクルート - CREYLE
http://biz.creyle.jp/
追記(2012年9月19日):アラタナ - Zeeble
http://zeeble.biz/
追記(2012年11月10日):サイバー・バズ - ポチカム https://apps.facebook.com/pochicome/
------------------------------

このブログの人気の投稿

ツイッターでの会話量と売上に相関

ツイッターがアメリカで25個のブランドについて調査したところ、ツイッター上の会話量と売上には正の相関があった。最も強い相関のあったブランドでは、会話量が10%増加すると売上が2.6%増加した。 The impact of conversation https://marketing.twitter.com/en/insights/the-impact-of-conversation

2020年はデジタル広告費のみ成長

グループMの12月時点の広告市場予測「This Year, Next Year」は、2020年の世界の広告費を前年比5.8%減(アメリカの政治広告費を含めると4.1%減)と予測している。デジタル広告費は8.2%増の見込み。日本の広告費は2020年に14%減少するが、2021年には12%増加する見込み。 This Year Next Year: Global End-of-Year Forecast - GroupM https://www.groupm.com/this-year-next-year-global-end-of-year-forecast-2020/

ユーチューブをテレビが補完

グーグルの調査によると、ユーチューブの広告のリーチはテレビのそれをしのぐ。ユーチューブがテレビを補完するのでなく、テレビがユーチューブを補完する。 YouTube広告をやりきるとどうなるか?「リーチ力の可能性」を検証する https://www.thinkwithgoogle.com/intl/ja-jp/marketing-strategies/video/yt-trpr/