スキップしてメイン コンテンツに移動

オフラインの購買でオンライン広告をターゲティング

イギリスのヤフーがポイントカードのネクターと提携して、オフラインの購買行動に基づいたオンライン広告のターゲティングを展開するようだ。サービス名は「Yahoo! Consumer Connect」。まず、ネクターからオフラインの購買履歴を取得して、購買経験者のオンライン行動を分析。それと類似したオンライン行動をとっているひとを見込み顧客とみなして広告を配信する。広告効果もネクターのデータで把握できる。アメリカのヤフーも、ニールセンの消費者パネルを利用した類似のサービス「Consumer Direct」を2003年から展開しているという。
------------------------------
Consumer Direct
http://advertising.yahoo.com/adsolution#product=ConsumerDirect
------------------------------

このブログの人気の投稿

資生堂、広告媒体費の9割以上をデジタルに

資生堂は、世界の媒体費のデジタル化率を、現在の約50%から2023年には90%以上に引き上げるという。2020年第2四半期の決算説明で方針を明らかにした。代表取締役社長の魚谷雅彦氏によると「限りなく100%」を目指すという。https://www.irwebcasting.com/20200806/5/aa3167b53b/mov/main/index.html

TikTokがマーケティングパートナーを認定

ティックトックが、ティックトックのマーケティング活用を支援する事業者を認定するプログラム「TikTok For Business Marketing Partner Program」を開始。キャンペーン管理、クリエイティブ開発、ブランドエフェクト(仮想・拡張現実)、測定の分野で、19社を認定した。https://newsroom.tiktok.com/en-us/introducing-tiktok-marketing-partner-program-for-advertisers