スキップしてメイン コンテンツに移動

オーディエンスデータの評価指針

アメリカの広告主協会が、デジタル広告のプログラマティック購入で使用する第三者のオーディエンスデータを評価するための手引きを公開。目的に合わないデータへの支出を避けるために、次の視点でデータの品質を評価すべきだという。
------------------------------
1. Data Accuracy(データの的確性):自分が求めるデータか(自動車サイト訪問者は車を買う人か)
2. Data Precision(データの精度):データ収集とモデル化の手順は正確か
3. Data Recency(データの更新頻度):高頻度で更新されているか、最終更新はいつか
4. Data Coverage(データの網羅性):必要な規模をカバーしているか
5. Data Deployability(データの展開性):選定したパートナーで利用できるか
------------------------------
以下よりダウンロードできる。
------------------------------
Data Sources for Media: A Buyer's Guide
https://www.ana.net/miccontent/show/id/rr-2020-data-sources-media
------------------------------

このブログの人気の投稿

資生堂、広告媒体費の9割以上をデジタルに

資生堂は、世界の媒体費のデジタル化率を、現在の約50%から2023年には90%以上に引き上げるという。2020年第2四半期の決算説明で方針を明らかにした。代表取締役社長の魚谷雅彦氏によると「限りなく100%」を目指すという。https://www.irwebcasting.com/20200806/5/aa3167b53b/mov/main/index.html

信濃毎日新聞、拡張現実で花火大会

諏訪湖祭湖上花火大会など長野県内の多くの花火大会が中止となったことを受け、信濃毎日新聞が広告企画として「実験 ARおうち花火大会」を実施。朝刊紙面をスマートフォンのカメラで読み込むと、花火が打ち上げられる。養命酒製造とスカパーJSATグループが協賛。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000063584.html