スキップしてメイン コンテンツに移動

信頼のギャップを埋めるリセットを

IABがPwCに委託して、マーケッターが直面する喫緊の課題について洞察したレポート「IAB Outlook: 2021 Digital Ad Ecosystem」を公開した。

IAB Outlook: 2021 Digital Ad Ecosystem
https://www.iab.com/insights/iab-outlook-2021-ecosystem/

注目すべき5つの動向は次の通り。

  1. 広告による阻害体験やプライバシーの懸念は、広告と引き換えに無料コンテンツを提供するメディアの価値を低下させていて、価値交換のリセットが必要。
  2. サードパーティーの識別情報がなくなると、ウォールドガーデンの壁がより高くなると予想される。
  3. リテールメディアの重要性が高まる。
  4. ビジネス成果を証明できることはメディアの必須条件に。
  5. ヘイトスピーチ、詐欺、虚報の解決が必要。

このレポートは今年の9月に更新され、以降は毎年公開される予定。

IAB and PwC Outlook 2021 Report Urges Digital Ecosystem to Reset Consumer Value Exchange
https://www.iab.com/news/iab-and-pwc-outlook-2021-report/

このブログの人気の投稿

Xが広告在庫をグーグルに開放か

X(旧ツイッター)が「Google Ad Manager」を使用して広告在庫の一部を販売するようだ。「ads.txt」に「google.com」が追加された。 X turns to Google to sell programmatic ads as it struggles to regain ad dollars https://adage.com/article/digital-marketing-ad-tech-news/x-turns-google-programmatic-ads-timeline/2515981

電通グループ、フラーと資本業務提携

電通グループがフラーに出資し、フラーは電通グループの持分法適用関連会社に。また、電通デジタルとフラーは業務提携。 フラー、電通グループと資本業務提携を締結し、 モバイルDXの推進に向け電通デジタルとの協業を加速 https://www.fuller-inc.com/news/2024/06/partnership-dentsu フラー社との業務提携を締結し新たなモバイルアプリ市場を創造 https://www.dentsudigital.co.jp/news/release/services/2024-0621-000165

ユーチューブ広告の視聴率、実態と乖離

GPによると、ユーチューブは「ながら視聴」されやすいため広告が注視されづらい。耳だけで聴取されやすい長尺ビデオは、広告管理画面上で視聴率(=視聴回数÷表示回数)が高めになっていて、実際の視聴実態と乖離しているという。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000137.000006798.html