「インターネット広告のひみつ」による小ネタ備忘録ブログ。注目の話題について抄録と寸評。たまに辛口ですが悪気はありません。
2017/10/14

日本は広告詐欺大国か

ピクサレートの調査によると、2017年第1四半期に日本で取引されたデスクトップのプログラマティック広告は、インプレッションの81%がアドフラウドだったという。これは他国と比較すると突出して高い値。
------------------------------
Pixalate - Q1 2017 Ad Fraud Benchmarks Report
http://blog.pixalate.com/hubfs/Reports_and_Documents/Pixalate%20-%20Q1%202017%20Ad%20Fraud%20Benchmarks%20Report.pdf
------------------------------
同社は、データセンタートラフィックなどの悪意のない無効なトラフィック(GIVT, General Invalid Traffic)が影響していると分析。悪意がなくても、フィルタリングできていないのは問題だが。
------------------------------
GIVT fraud detection: What is data-center traffic?
http://blog.pixalate.com/mrc-definitions-givt-invalid-traffic-data-center-traffic
------------------------------
一方で、フリークアウトの本田謙氏は「対象インプレッションを品質の低いところからしか集められていない調査」と批判し、調査手法に疑問を呈している。
------------------------------
本田謙氏のツイート
https://twitter.com/usedhonda/status/918069640022048769
------------------------------
追記(2017年10月15日):「DIGIDAY」がピクサレートに追加取材。
------------------------------
日本の広告詐欺率 81%という調査結果、その背景に何が?:米ピクサレート社 追加取材の回答
http://digiday.jp/platforms/behind-the-ad-fraud-heaven/
------------------------------
Posted by Kenji at 17:00 | Permalink |
ShareShare |

直前の記事

【広告】 楽天市場キーワードランキング

自己紹介

オオタケンジ。都内で広告の仕事をしています。テレビが好きです。

過去ログ

フォローしてみる

最新記事をメールで受信

無料購読申し込み無料購読申し込み

Agile Media Network パートナーブログ