スキップしてメイン コンテンツに移動

ソーシャルハブに注目

各種ソーシャルメディアに散在しているコンテンツ(ブランドおよび消費者による投稿)を、アカウント・キーワード・ハッシュタグを手掛かりに収集し(アグリゲーション)、選別して整理し(キュレーション)、オウンドメディアに掲載するソリューションに注目している。ソーシャルメディアのコンテンツをオウンドメディアに集約した拠点を「ソーシャルハブ」と呼ぶこともあるようだ。ソーシャルハブを構築するソリューションとしては、日本ではアライドアーキテクツの「Social-IN」、シャトルロックジャパンの「Shuttlerock」、日本サードパーティの「Wayin」がある。海外を含めると10社以上がソリューションを提供していそうだ。
------------------------------
Bazaarvoice Curations
http://www.bazaarvoice.com/solutions/curations/
Capture
https://capture.com/
Chute
http://www.getchute.com/
Elfsight
https://elfsight.com/
EngageSciences
http://www.engagesciences.com/
Friend2Friend SocialFusion
http://www.friend2friend.com/
hashcollé
https://hashcolle.jp/
imstream
https://imstream.jp/
Livefyre
http://web.livefyre.com/
Offerpop
https://www.offerpop.com/
Olapic
https://www.olapic.com/
Ownly
http://ownly.jp/
Piqora Olapicが買収(2016年3月)
http://www.piqora.com/
Postano
http://www.postano.com/
RebelMouse
https://www.rebelmouse.com/
Shuttlerock
https://www.shuttlerock.com/
https://www.shuttlerock.co.jp/
SmartHash
http://hash.smartpr.jp/
Social Board
http://www.thesocialboard.com/
Social-IN
https://www.aainc.co.jp/service/social-in/
Spredfast
https://www.spredfast.com/
Stackla
http://stackla.com/
Strea.ma
http://strea.ma/
Tagboard
https://tagboard.com/
TagLive
http://taglive.jp/
TagMagic Widget
https://tagmagic.info/widget/
Tagtoru
http://tagtoru.tokyo/
TapIt
http://tapit.to/
Tint
http://www.tintup.com/
TwoGood
http://twogood.jp/
visumo
https://visumo.asia/
Wayin
http://wayin.com/
http://www.jtp.co.jp/service/wayin/special/index.html
Yotpo
https://www.yotpo.com/
Zoomph
https://zoomph.com/
キャンつく
https://pick-tools.com/
#タグコ
http://tagco.me/
------------------------------
アグリゲーションの対象となるソーシャルメディアの種類、キュレーションやビジュアライズの機能、そしてレポーティングの機能に、それぞれのツールの特徴があるようだ。レベルマウスが機能を限定した無料版を提供していたので、それを使用してソーシャルハブを試作してみた。
------------------------------
試作してみたソーシャルハブ(キーワード「広告」を含むツイート、および「インターネット広告のひみつ」によるフェイスブックへの投稿を表示)
https://www.rebelmouse.com/netadreport/
------------------------------
なぜソーシャルハブに注目しているのか。ブランドは複数のソーシャルメディアに投稿している情報を、ソーシャルハブに集約して消費者に紹介することができる。それはブランドによるソーシャルメディアの投稿をさらに露出させる機会、および新たなファンやフォロワーを獲得する機会となる。ソーシャルハブを用意すれば、更新が停滞しがちなブランドサイトに新鮮なコンテンツをそろえておくことができる。消費者による投稿も集約すればブランドの人気を可視化でき、写真投稿コンテストなどを併催すればそれはさらに活性化できる。消費者による投稿はブランドによる投稿より共感されやすく、ブランドへの好意や購買意向の形成に寄与する。また、消費者の投稿を尊重する姿勢がブランドの評価を高める。自分の投稿がブランドから承認され、露出と共有の機会を提供されることが、消費者には報酬となる。それがブランドへの忠誠につながり、次の投稿、次の共鳴を呼び起こす。
追記(2014年11月27日):「Livefyre」を追加。
追記(2015年6月12日):「Olapic」を追加。
追記(2015年7月3日):「EngageSciences」「Ownly」「Tagboard」を追加。
追記(2015年10月16日):「Piqora」を追加。
追記(2015年10月18日):「Tagtoru」を追加。
追記(2015年10月29日):「Strea.ma」を追加。
追記(2016年5月12日):「Offerpop」「Spredfast」を追加。
追記(2016年6月16日):「Piqora」を削除。
追記(2016年6月22日):「Zoomph」を追加。
追記(2016年6月25日):「キャンつく」を追加。
追記(2016年8月22日):「SmartHash」を追加。
追記(2016年8月29日):「TagLive」を追加。
追記(2016年8月30日):「Yotpo」を追加。
追記(2016年10月26日):「Capture」を追加。
追記(2016年11月15日):「#タグコ」を追加。
追記(2017年8月12日):「Chute」「TapIt」を追加。
追記(2017年8月18日):「TagMagic Widget」を追加。
追記(2018年2月15日):「TwoGood」を追加。
追記(2018年3月19日):「hashcollé」を追加。
追記(2020年8月26日):「visumo」を追加。
追記(2020年11月13日):「imstream」を追加。
追記(2021年3月8日):「Elfsight」を追加。

このブログの人気の投稿

ツイッターでの会話量と売上に相関

ツイッターがアメリカで25個のブランドについて調査したところ、ツイッター上の会話量と売上には正の相関があった。最も強い相関のあったブランドでは、会話量が10%増加すると売上が2.6%増加した。 The impact of conversation https://marketing.twitter.com/en/insights/the-impact-of-conversation

データクリーンルームとは

電通デジタルの三谷壮平氏が、データクリーンルームを解説。 Ads Data Hubとは何か?その活用の可能性を探る(第1回) https://www.dentsudigital.co.jp/topics/2021/1005-001050/ Data Clean Roomの魅力と、最大限にその価値を引き出す活用のポイント(第2回) https://www.dentsudigital.co.jp/topics/2021/1012-001058/ 電通デジタルのData Clean Roomソリューション(第3回) https://www.dentsudigital.co.jp/topics/2021/1026-001073/ Data Clean Roomと外部データを連携した分析のさらなる広がり(第4回) https://www.dentsudigital.co.jp/topics/2021/1102-001086/ 以下は要約。 データクリーンルームは、広告プラットフォーム事業者の提供する次世代型レポーティングの仕組み。プラットフォーム側が用意したクラウド環境上で、プラットフォーム内部の広告配信ログデータに外部データを掛け合わせて分析できる。 重複リーチの分析、プラットフォーム保有属性での分析、独自指標でのアトリビューション分析、最適予算配分の分析などに利用できる。 広告をクリックしてウェブサイトに来訪する以前のインプレッション情報(プラットフォーム内にしかない広告接触データ)を分析できることが価値。 データクリーンルームについては、電通の前川駿氏による発信も目立つ。

エードット、BIRDMANを子会社化

エードットがBIRDMANの株式の71%を取得。広告領域から事業開発領域へ、事業領域の拡大を図る。 ------------------------------ エードット、総合クリエイティブプロダクション「BIRDMAN」をグループ化 https://a-dot.co.jp/news-post/191017/ ------------------------------ BIRDMANは、「広告をデザインする会社」から「価値をデザインする会社」への進化を目指すという。 ------------------------------ 設立15年。BIRDMANは、「広告をデザインする会社」から「価値をデザインする会社」へ。 http://blog.birdman.ne.jp/daily_life/birdman/post-9074/ ------------------------------