スキップしてメイン コンテンツに移動

ツイッター広告の接触頻度と効果

ツイッターが、リーチやエンゲージメントなどの一部のキャンペーン目的で、広告グループにフリークエンシーキャップをかけられるようにした。同社が公開した調査結果によると、広告認知やブランド認知といった購買ファネル上部の目的なら週2回で潜在的なブランドリフト余地の8割近くを、キャンペーン認知目的でも週3回で潜在余地の約8割を満たせる。

Frequency Caps: Updates on how to make the most of your Twitter Ads
https://business.twitter.com/en/blog/frequency-caps-update.html
Frequency caps
https://business.twitter.com/en/help/campaign-setup/frequency-caps.html

このブログの人気の投稿

ツイッターでの会話量と売上に相関

ツイッターがアメリカで25個のブランドについて調査したところ、ツイッター上の会話量と売上には正の相関があった。最も強い相関のあったブランドでは、会話量が10%増加すると売上が2.6%増加した。 The impact of conversation https://marketing.twitter.com/en/insights/the-impact-of-conversation

エードット、BIRDMANを子会社化

エードットがBIRDMANの株式の71%を取得。広告領域から事業開発領域へ、事業領域の拡大を図る。 ------------------------------ エードット、総合クリエイティブプロダクション「BIRDMAN」をグループ化 https://a-dot.co.jp/news-post/191017/ ------------------------------ BIRDMANは、「広告をデザインする会社」から「価値をデザインする会社」への進化を目指すという。 ------------------------------ 設立15年。BIRDMANは、「広告をデザインする会社」から「価値をデザインする会社」へ。 http://blog.birdman.ne.jp/daily_life/birdman/post-9074/ ------------------------------