「インターネット広告のひみつ」による小ネタ備忘録ブログ。注目の話題について抄録と寸評。たまに辛口ですが悪気はありません。
2011/09/15

ディスプレイ広告の反応率を高める10か条

1. Call-to-Action
コールトゥーアクション、すなわち広告を見た後の行動を促す明快な文言やボタンを用意。
2. Call-to-Action in Every Frame
すべてのフレームに行動を喚起する要素を。最終のフレームはもっとも大切。
3. Company or Brand logo
すべてのフレームにブランドや商品のロゴを。信頼性が高まりクリックされやすくなる。
4. Pricing and Promotion
価格などを具体的に。注目されやすくなるし、興味のない消費者の無駄なクリックを防げる。
5. Clear Value Proposition
商品やサービスのベネフィットを明快かつ魅力的に。クリックしなければ損と思わせる。
6. Sense of Urgency
切迫感を。期間や数量などが限定されていることを伝えて、判断を急がせる。
7. Coordinate Colors & Images
色と画像をコーディネート。背景や文字は見やすい色に。極端に明るい色は見づらい。
8. Balance Text & Images
文字と画像をバランスよく。文字と画像は脳で別々に処理されるので、組み合わせると効く。
9. Relevant Landing Page
適切なランディングページに。広告と関連性の高い内容およびデザインのページに誘導する。
10. Cast a Wide Net
幅広く配信。多数のサイズの広告を制作しておけば、広告ネットワークで機会損失を防げる。
Posted by Kenji at 00:53 | Permalink |
ShareShare |

自己紹介

オオタケンジ。都内で広告の仕事をしています。テレビが好きです。

過去ログ

フォローしてみる

最新記事をメールで受信

無料購読申し込み無料購読申し込み

Agile Media Network パートナーブログ